1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

1巻から「超おもしれー!」と話題になってる新作マンガ

今から読んで、十分間に合う新作マンガまとめです。

更新日: 2015年10月03日

heychoooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2779 お気に入り 1296437 view
お気に入り追加

もしも上杉謙信が、女子だったら。

作・東村アキコ
小学館から、今年9月に1巻発売。

映画化された『海月姫』や、ドラマ化された『主に泣いてます』が有名。

都市伝説のように語られる「上杉謙信・女性説」を元にした大河ドラマ。

上杉謙信・女性説が本当な気がしてきてしまうテンションの説得力

歴史考証は、東京大学の本郷教授が入ってる本格派。

この前の漫勉でやってた東村アキコの「雪花の虎」面白いー! pic.twitter.com/0yA8n9XnOQ

まさしく女性。

雪花の虎…おもしろい。 つーか上杉謙信も毘沙門天の生まれ変わりなのかよ。いや、小栗判官は申し子だったか… pic.twitter.com/UNZctXnDP8

1話を読んだときから絶対面白い!と思ってたけどやっぱ面白い!

さっそく雪花の虎買ったんだけどさ〜〜おにロリでガッツポーズが止まらない(今のところ、本作中でお互い恋愛感情皆無です) pic.twitter.com/kOPftctES7

心情表現はかなり上手。

女性らしい視点、歴史に詳しくない人の視点で、歴史よりも「人」に焦点が当てられたドラマに

東村アキコの新作「雪花の虎」 内容は戦国物、上杉謙信女性説を描いたモノ。 こう言う題材は読む方にかなりの敷居を感じさせるものやけど(ある程度の基礎知識が必要)最初の3ページ目から一気に敷居ブチ壊してるwww pic.twitter.com/aBVPJZnl19

と思ったら、こんな遊び心もいっぱいw

シリアスありの東村テイストもしっかりありの、心の琴線をボロボロ掻き鳴らされる作品

本当にデビュー作?っていう完成度!

作・掛丸翔
秋田書店から今年9月に1巻発売。

作者さんは、本作で本格長期連載デビュー

卓球に才能を開花させていく主人公が、ライバルや強敵と出会いながら成長していく物語。

これがデビュー作とは思えない程漫画らしい漫画でビックリ

少年ラケットが面白い。キャラがいいし、絵も上手いし迫力もあるし、まだ1巻出たばかりだけど、購入継続決定。

(^ν^)かわいい。少年ラケット、ヒロインかわいい。 pic.twitter.com/FBBlU7u0xB

女の子キャラも人気です。

少年ラケット最終ページのオッサンの絵、スエットの裾がちょいたるんでる感じからのクシャッとした描線のスニーカーのあたり、漫画絵として超色気がある。本当に新人か。 pic.twitter.com/0D0vJeKrHO

こういう細かい絵も、評価されてる!

スピード感ある展開も、パッと理解できる。

【少年ラケット】本日発売の週チャン32号では、宮原兄から語られるイチローの偽りの強さとは!? さらに、イチローとの再会を果たしたヨルゲンは…!?そして、イチローたちと同世代の天才卓球選手・平野美宇選手のSPインタビューもあるぞ! pic.twitter.com/sJPf4Pmhop

と思ったら、こんな大胆な見せ方も。

試し読みした1話で作品にぐいぐい引き込まれた。早く次の巻を読みたい!

1話から話題になった「細菌マンガ」

作・清水茜
講談社から今年7月に1巻発売。

こちらも、作者さんのデビュー作。

白血球と赤血球を中心とした体内細胞の活躍が描かれた、ためになるコメディ作品。

「はたらく細胞」面白いよー。『細胞擬人化漫画』なので凄く勉強になるね。白血球と赤血球はこんな感じ。私はキラーT細胞がお気に入り pic.twitter.com/NoECiY1U6v

これはw

1 2





heychoooさん

気になることを色々まとめてみる。



  • 話題の動画をまとめよう