1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Amazonで『apple TV』や『Chromecast』が買えなくなる?

Amazonが『apple TV』や『Chromecast』の販売を廃止することが明らかになりました。「プライム・ビデオに対応していない」ためで、プライム・ビデオに対応しているメディアプレーヤーの販売は継続されます。

更新日: 2015年10月04日

mikannocakeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 20470 view
お気に入り追加

◆Amazonがある商品の販売を取りやめに

Amazonは同社の基本原則の一つ ― 「顧客満足への執着」 ― に反する競争行動に出た。

世界最大のオンライン小売業者であるAmazonは、同社マーケットプレイスの販売者宛てに電子メールを送付し、「Apple TV」とGoogleの「Chromecast」の販売を廃止すると伝えたという。

▼『apple TV』や『Chromecast』の販売をやめる

Apple TVは、アップルが開発・販売するセットトップボックスである。家庭内でビデオ・コンテンツをiTunesからテレビへ無線LANあるいは有線LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができる。
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/Apple_TV

1080p HD対応の新しいApple TVがあれば、映画、音楽、写真、スポーツ中継など様々なコンテンツに、スクリーンテレビ上で直接アクセスして楽しめる。AirPlayを使ってiOSデバイスにあるコンテンツをテレビに映し出すこともできる。

Chromecast(クロームキャスト)は、Googleが開発・販売するドングル型のデバイス。テレビのHDMI端子に接続してWi-Fiで繋ぐことで、スマートフォン、タブレット、パソコンなどで表示している動画、音楽、写真、ウェブページなどの高品位画像をテレビで観ることができる。
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/Chromecast

テレビのHDMI端子にChromecastを差し込んで専用アプリで設定するだけで、スマートフォン、タブレット、 ノートパソコンから好きな動画や画像、音楽、WEBページなどを テレビ画面に大きく映し出せるメディアストリーミングデバイス。

Nexus Playerは、GoogleとASUSにより共同開発されたデジタルメディアプレイヤー。Chromecastの機能でもあるGoogle Castをサポートする。

Nexus Playerは、テレビ用プラットフォーム「Android TV」を搭載。「Android TV」は、テレビやセットトップボックスに搭載することで、Androidのコンテンツを大画面で楽しめるプラットフォーム。

Amazonが、自社のビデオ配信サービスと競合するApple TVとGoogleのChromecastの同サイトにおける販売を、10月29日をもって終了する。

同様にGoogleのセットトップボックス『NexusPlayer』もAmazonの販売が廃止されます。

Appleの『AppleTV』、Googleの『Chromecast』、『NexusPlayer』の販売が停止に。

▼この措置は『プライム・ビデオ』のため

『プライム・ビデオ』は、Amazonプライム会員向けの動画見放題サービス。ストリーミング端末「Fire TV」と「Fire TV Stick」や、プレイステーションでも視聴できる。日本で9月にスタート。

Amazon Fire TVは、プライム・ビデオや動画配信サービスのコンテンツがテレビで視聴できるデバイス。

アマゾンは両製品が「プライム・ビデオに対応していない」ために販売を取りやめるそうです。

メールでAmazonは、Apple TVとChromecastはAmazonの動画見放題サービス「プライム・ビデオ」と“うまく相互作用しない”ため、これらの製品の販売を中止すると説明したという。

『プライム・ビデオ』と製品が相互作用しないため、混乱を避けるためとのこと。

この3年間にPrime VideoはPrimeサービスの重要な要素になった。

BloombergのニュースのAmazon広報の説明より

「顧客の混乱を避けるために、われわれが販売するメディアストリーミングプレーヤーは、Prime Videoに適切に対応することが重要である」(Amazon広報担当者)

▼でも『プライム・ビデオ』対応端末はOK

「プライム・ビデオ」対応済みのRokuのストリーミングセットトップボックスやXbox One、PlayStation 4などは取り扱いに変更はないとのこと。

言い換えれば、AmazonはPrime Videoに対応しているメディアプレーヤーの販売は継続する。そうでないものはサイトから排除する。

▼考えられる影響は?

この施策は実店舗があってユーザーに直接販売するルートを持つAppleよりも、Googleに与えるダメージが大きいとみています。

Amazonの売り上げに影響が出るのではないかという見方もあります。

1 2





スイーツ・グルメ、エンタメ、その他話題のものや個人的な備忘録を中心にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう