1. まとめトップ
  2. カラダ

季節の変わり目に起こる?知っておきたい体調不良と原因

夏も終わりに近づき、暦は秋へと移り変わっていきます。台風が来たり気圧や気温の変化、秋に多くなる花粉の影響など、季節による体調の変化を知っておきたいことをまとめます。

更新日: 2016年09月26日

s.nさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 23475 view
お気に入り追加

【鼻水やのどのイガイガ】長引く風邪症状は風邪ではないかも

なかなか治らない風邪の症状がある方、この時期になると同じような症状が出るという方は、もしかすると秋に飛散する花粉が原因のアレルギーかもしれません。

アレルギー症状の特徴としては、水溶性で垂れてくるような鼻水、喉や皮膚、目などのかゆみ、鼻づまりなどがありますが、症状のあらわれ方には個人差があり風邪と見分けが付かないような症状もあります。
風邪をひいたのだと思って風邪薬を飲んでいてもなかなか良くならず、ズルズルと症状が続く場合は秋の花粉によるアレルギーを疑ってみましょう。

原因①秋に多くなるのブタクサ、ヨモギ、カナムグラの「雑草」花粉

秋は春に次いで症状が出やすい。ブタクサ、ヨモギ、カナムグラに加え、猛暑のために植物の生育が早まった場合は、秋にスギ花粉が飛ぶこともある。

原因②9月~10月の秋期にかけて増加する空中真菌(カビ)

「アレルギー性鼻炎」、「花粉症」といえば、冬から春のスギ花粉症、ヒノキ花粉症を連想しますが、秋に症状が出る人や、一年中症状が出る人も少なくない

秋はダニなどハウスダストによるアレルギーも増える(夏に繁殖したダニの死骸や排泄物が秋にたまりやすい)。花粉症の人は、ハウスダストのアレルギーも出やすい。

近年、住居の気密性が高くなったために湿度が高くなり、カビが発生しやすい環境となっています。空中真菌の発生時期は、室内外ともに4月から11月で、5-7月の梅雨時期と9-10月の秋期をピークとし、冬期は少ないとされています

対策は・・・?

原因植物に近寄らない
秋の花粉症の原因植物は、高さが2mくらいで、せいぜい数十mくらいしか飛散しないので、原因植物に近寄らないだけでも十分予防できる。上空の強い風に乗って数キロ以上先まで花粉を飛ばすことはあまりない。

花粉の飛ぶ植物が生えている野原や草むら、空き地、山などには極力行かないようにしよう。とくに風の強い、晴れた日は要注意!気温が高い日や乾燥している日、前日が雨の日も危険だ。ただし、雨の日は花粉が飛びにくい。

【頭痛、めまい、倦怠感】は気圧や気候変化の影響

台風や低気圧が近づいてくると頭が痛い、めまいがする、なんとなく具合が悪い…。
こんな症状を感じたことはありませんか?

原因①体内圧力の変化が原因で起こる

普段感じることはありませんが、空気には重さがあり、私たちは身体が外気圧に押しつぶされないように空気を押し返しています。そのため、外気圧に対して押し返す圧を調節する必要があります。

低気圧になると、身体は外気圧に順応して圧を下げようとします。その結果、小さな細胞のひとつひとつが膨張して拡張した血管や細胞そのものが周囲の神経や傷を圧迫し痛みを増強させます。これが頭の中で起こることが頭痛、痛みのある腰や関節の痛みを悪化させる原因です。

原因②自律神経の乱れが原因で起こる

人間の体には、活動的な部分を司る「交感神経」と、体をリラックスさせ、休息させるための「副交感神経」という、2つの自律神経のシステムが備わっています。

そして、低気圧による不調は、これら2つの自律神経のバランスが、低気圧によって崩れることから発生すると言われています。

低気圧による不調は、これら2つの自律神経のバランスが、低気圧によって崩れることから発生すると言われています。

気圧が下がってくる、と交感神経の働きが活発になります。
交感神経の働きが活発になることで体が緊張状態になります。
その結果、頭痛やめまいというような症状を引き起こします。これは交感神経が優位になることで痛みを感じやすくなる作用が働いているからです。

対策は・・・?

耳にある「内耳」で気圧や天気の変化を感じとり交感神経が活発化した場合、三半規管などにも影響を与えている場合が多いので鎮痛剤ではなく三半規管を正常に戻してくれる酔い止めの方が効果を感じられると言われています。

外気圧の変化を変えることはなかなか難しいですが、気圧の変化で症状が悪化することを予測して前もって症状とうまく付き合う方法を身につけておくことが大切です。たとえば、仕事や外出時には症状を抑えることができる薬を持ち歩いたり、天気予報をみて予定を組むなどです。

温度変化などで身体にかかる負担からくる【季節性うつ】

季節の変動によって身体が感じる負担が原因となってうつ症状が引き起こされる場合、「季節性感情障害」(季節性うつ病)といわれます。

出典sleeps.jp

「うつ病」の方に起こる症状の多くが「不眠」や「食欲不振」であるのに対し、季節性うつ病の場合には逆の傾向がみられることが多いとされます。

長時間眠っても睡眠不足を感じて睡眠時間が異常に長くなる「過眠」や、食事が甘い物や炭水化物に偏り食べ過ぎる「過食」などが伴う場合もある。症状が重いと日常生活に支障をきたすこともある深刻な病気だ。

1 2





s.nさん

自分の詳しい分野と興味があって、「こんなまとめあったらいいな」という内容中心に書いてます(*^_^*)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう