1. まとめトップ

【危険】100円ショップで売られている食器の殆どは中国の汚染土で作られた猛毒食器

酷い土壌汚染状態の中国で作られた食器が日本国内でも出回っているという情報が!!水銀・鉛・有毒な化学物質、中国の土壌を汚染している物質は、挙げればきりがない程の超汚染状態です。そんな中国の土を使って作られた食器が・・。

更新日: 2015年10月13日

shinseinetさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 89439 view
お気に入り追加

札幌市で販売された中国製の土鍋から調理中に鉛やカドミウムが漏れ出し、鍋を輸入した新潟県の陶磁器業者が在庫として残っていた300個を自主回収していたことが24日分かった。しかし、問題の鍋は04年から今年2月までに2万2000個輸入されており、全国に出回ったまま。鉛を摂取しすぎた場合、筋肉の衰弱、脳や腎機能の障害などの被害につながる恐れがあるが、明確な法律違反ではないため回収命令は出せないというのが札幌市や新潟県の見解。

北京晩報によると、国際食品包装協会は18日、「陶食器は色が鮮やかになればなるほど、重金属含有量が基準値をオーバーする危険性が高い」と消費者に警告を発し、派手な色彩で装飾された陶食器の利用には慎重を期するよう注意を呼びかけた。

業者さん曰く、「100均の食器には、中国製で出所不明の食器がかなりある。ハッキリ言ってお薦め出来ない。」との事。素焼きの焼き物の土は、土壌の成分がそのまま滲み出る事があるそうです。その素焼きの茶器は剥き出しの為に土壌の成分が滲み出たのだと思われるそうです。

更に業者さんは続けます。「陶器だけでなく磁器も危ないから止めた方がいいよ。艶だしの為に釉薬に、危ないもの平氣で使う事もあるからね。」鉛やカドミウム等の毒物を艶だしに使うケースも少なくないとの事でした。これらは酸や熱で簡単に溶け出し、温かい料理や酸味の強い料理を器に乗せただけで滲み出ます。

中国製の土鍋から調理中に鉛やカドミウムが漏れ出し、土鍋を回収したという事件がありました。また、高知県の消費生活センターの調べで、100円ショップの陶磁器食器の一部から鉛やカドミウムが溶け出して いるのがわかった、という問題も報道されました。100円ショップの陶磁器はほとんどが中国製。中国のものはうわぐすりを塗った後に陶器をしっかり焼いていない可能性もあり、確かめる必要があります。

家具・インテリアチェーン大手のニトリが販売していた中国製の土鍋から鉛が溶け出す事例があり、自主回収するに至った。鉛は少量の摂取であれば体外に排出されるため危険は少ないが、慢性的に摂取すると手足の麻痺、判断能力の低下、難聴、免疫力低下などの中毒症状を引き起こす恐れがある。ひどい場合には命にもかかわる。

中国製の土鍋から調理中に鉛やカドミウムが漏れ出していたそうです。苦情を寄せた男性によると、その土鍋で鶏肉を1時間煮込んでふたを開けたら、鍋の縁の内側にべったりと灰色の付着物が張り付き、水面にも浮いていたそうで、購入した量販店に検査を求めたところ、鉛やカドミウムを検出。しかし未使用の鍋による再検査では基準値を下回り、量販店は問題はないと回答した。明確な法律違反ではないので回収命令は出せないんだそうです。

世界各地で中国製品の安全性への関心が高まる中で、国家品質監督検験検疫総局の李長江局長は20日午前の記者会見で、中国製の土鍋から鉛が溶け出したと日本のメディアが今年5月に報道したことについて、詳しく検査したが問題はなかったとの見解を示した。

1





shinseinetさん

話題のニュースや個人的に使えると感じた情報を発信いたします♪



  • 話題の動画をまとめよう