1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

新しいiMacより変わったのは「マウス・キーボード・トラックパッド」だった!

いきなり発表されたiMacのニューモデル。解像度が4K~5Kへとアップしたモデルが主流になっている、それよりも「マウス・キーボード・トラックパッド」が進化してた!

更新日: 2015年10月14日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
89 お気に入り 75270 view
お気に入り追加

■アップルの「iMac」のニューモデルが発表された

米Appleは10月13日(現地時間)、21.5インチの4Kディスプレイ搭載の「21.5インチ iMac Retina 4Kディスプレイモデル」など、新型iMacを発表した

・目を引くのは解像度。4K~5Kのモデルが登場

注目は、ここ最近でウワサの白熱していた21.5インチRetina 4Kモデルの登場と、27インチRetina 5Kモデルに色域を広げた新型液晶パネルが搭載された点

21.5インチのオールインワンiMacに4Kスクリーンを採用したのだ。さらに27インチのiMacでは5Kディスプレイが搭載されることとなった

・Retinaディスプレイも刷新。より鮮明に

いずれも新しいRetinaディスプレイを搭載。色域はDCI-P3をカバーし、sRGBよりも25%色域が広く、写真や画像をより鮮明に映し出せるとしている

■だが、実はそれよりも「マウス、キーボード、トラックパッド」が刷新されてた!

・一番嬉しい(?)のは「電池不要」になった!

従来の電池から新たに充電式のリチウムイオンバッテリを採用している

充電ポートがLightningなので、iPhone用のケーブルでも充電できるのは便利だろう(ケーブルは付属するが)

いずれもBluetoothで接続して使用するのだが、ライトニングケーブルでつなぐと、すぐにコンピューターとペアリングできるようになった

Macのラインナップ追加されてるが、それより充電式マジックマウスが熱い

マジックマウスやらマジックトラックパッドやらキーボードがバッテリー内蔵式になったのねー。電池式は突然切れるのが嫌で、充電キット買ってまでバッテリー式にしてたので、これは個人的に嬉しいアップデート。

Macのキーボードとマジックマウスが充電式になっとる。キーボードは旧よりも打ちやすそう。買い。 apple.com/jp/shop/produc…

・キーボードの名称にも「マジック」が付いた「Magic Keyboard」

表面全体にキーが配置され、ファンクションキー(メディアコントロールキー)が従来の横長の小さなキーから正方形の大きなキーに変更された

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう