1. まとめトップ

【緊急】Windowsアップデートがヤバい!強制的にWindows10が降ってくる!?

未だバグ潰しの真っ最中であるOS、Windows10が半ば強制的にアップデートを仕掛けてくるという暴挙が始まりました。気が付いていたユーザーたちが緊急で告知を勧めています。知らぬ間に忍び寄るWindows10の影を見逃すな![ちなみにKB3035583は削除してもまたやってくる!]

更新日: 2015年11月09日

ri-zさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 177969 view
お気に入り追加

▼SNS各種をお持ちの方はフォロワーさんへ知らせてあげると良いでしょう。

事象から対策、その後までをまとめています。

「おいおい、マジか!入ってるわ・・・」なんてことも。

学校の友人、会社の同僚や上司、自宅はおじいちゃんやおばあちゃん、娘息子に妻に夫、彼氏や彼女にも教えてあげてください。

私の周りではエライ騒ぎになっています。

▼「Windows 10」へのアップグレード、「推奨される更新プログラム」に“格上げ”へ...。これが何を意味するかお分かりだろうか

まだWindows 10にアップグレードしていないWindows 7/8.1ユーザーのWindows Updateに、間もなく「オプションの更新プログラム」としてWindows 10が表示されるようになり、来年には「推奨される更新プログラム」に“格上げ”されて設定によっては自動的にインストール(途中でキャンセル可能)されることになる。

米MicrosoftのWindows and Devices Group担当上級副社長、テリー・マイヤーソン氏は10月29日(現地時間)、Windows 7およびWindows 8.1からWindows 10へのアップグレードプロセスの変更について説明した。

従来はアップグレードの予約をしたユーザーに、アップグレードの準備ができた段階で通知するという2ステップのプロセスだったが、今後は予約ユーザーに対しては自動的にアップグレードを開始するとマイヤーソン氏は説明する(予約しなくてもファイルがダウンロードされることについては特に説明はない)。

ただし、“アップグレードで端末のOSが変わる前に、アップグレードを続けるかどうかの意思確認を行うためのプロンプトを表示する”という。また、アップグレードしてしまった後でも、31日間は前のバージョンに戻せるようになっている。

▼近いうちにWindows 10へのアップグレードは「Windows Update」の「推奨される更新プログラム」に“格上げ”される

推奨される更新プログラムとは、Microsoftのヘルプによると「重大でない問題に対処し、コンピューターの使用感の向上に役立ちます。

コンピューターやWindowsソフトウェアの根本にかかわる問題に対処するものではありませんが、有用な機能向上を実現できます。これらは自動的にインストールすることができます。」となっている。

つまり、Windows Updateの設定によっては、自動的にWindows 10にアップグレードされることになる(マイヤーソン氏によると、Windows 10の場合はアップグレードの途中で継続するかどうかを聞かれるし、アップグレード後31日間は元に戻せるということだが)。

システムへの変更を加える前に通知が表示されるため、ユーザーがアップグレードを実行するかどうかを選択することは可能(らしい)。

▼Windows10へ登る階段、既に背中に手を添えられているなか、あなたは対応できるか?

マイヤーソン氏はWindows Updateの設定で自動更新を無効にすることも可能だが、そうしないことを強く勧めるという。

▼某日、ネット上では大騒ぎが起きた

危険パッチ!!Windowsアップデートをすると強制的にWindows10がダウンロードされるぞ!

▼Microsoft「フフフ・・・うつけものらめ、我々はすでに搬入口を用意してある」

くれぐれも更新中やシャットダウン前の更新中、再起動後の更新プログラムインストール中に電源を落とさないようにしてください。非常に危険な行為です。

Windows10にしたくない方は既に自動更新を切られているかと思います。

または、このまとめで思い出した方で設定が必要そうであれば記事を参考にされてください。

会社や学校、自宅などのパソコンに接続している周辺機器のドライバがWindows10に対応していない場合は大変なことになりそうです。

Win7やWin8で稼働するプログラムがWindows10でも安定して動作するかチェックが済んでいればよいのですが、仕事で扱うソフトが古い場合、アップグレードによって使用できなくなる可能性があります。

「えええ!?ソフトが立ち上がらないfじこfじこっっふぉこ・・・・」困ってしまいます。

「立ち上がらない?そんならソフト入れればいいんじゃいフジコ」と感じることもあるかと思いますが、ソフトをインストールしようにも、インストール出来ません。

マイクロソフトのサポートにWindows10でアレが動きませんと泣きついても「そんならなんでwin10にしたんや」と言われる可能性があります。

▼半強制的にWin10がインストールさせられる模様、コントロールパネル⇒Windows Updateから自分でチェックを外さないと10が勝手に入るから注意やで

WindowsUpdateから内容を確認。

なんと、うっかりこのままシャットダウンボタンを押すとWindows10のダウンロードが始まってしまうようです。

2015 年10月6日頃より、「Windows10の予約」を行っていない「一部の Windows 7/8.1マシン」でも、Windows Updateの画面に「Windows10へのアップグレード画面」が強制的に表示され、しかもWindows Updateの初期設定でWindows10の アップグレードダウンロードが有効」な状態になっています。

情報を収集したところ、インストールも始まって次立ち上げたらWindowd10になる・・・っていう訳ではないようです。
しかしサイズが2GB近くもあるファイルをダウンロードさせられる事は事実でアップグレードする予定がない人はダウンロードしないほうがいいでしょう。

大容量HDDを使っている人はそんなに痛手ではないかもしれませんが、SSDを使っている私や容量が元々少ないノートパソコンとかを使っている人はこの2GBはかなり痛手でしょう。

▼Windows Updateで半強制的にWindows10にアップグレードされてしまう問題

これに気が付かずWindows Updateを行うと、まずWindows10のダウンロードがはじまり、そしてPCの操作方法によってはアップグレードも始まります。Windows Updateを行う際は注意しましょう。

「はじめに」ボタンを押さない場合でも、「オプション」の欄でWindows10へのアップグレードが有効になっているとWindows10の アップグレードダウンロードが始まってしまいます。注意しましょう。

▼原因:半強制的にアップグレードさせるパッチが降りてきていた

このWindows10のダウンロードとアップグレードは、10月6日に配信された KB3035583 (Get Windows 10 アプリ)が原因となっています。

1 2 3





ri-zさん

リズです。地道にまとめています。
名前のリンクから色々見ていってください。気に入ったらお気に入りにチェック。また、他の方と共有したいと思われたらメニュー最上部の各種SNSリンクから紹介してください。



  • 話題の動画をまとめよう