1. まとめトップ
  2. カラダ

年齢を重ねると「筋肉痛は遅く来る」ってホントなの?

筋肉痛を経験したことがある人は多いと思いますが、痛くてツライですよね。翌日に来なくても、翌々日に来たり…。筋肉痛が遅れて来ると年とは聞きますが、それって本当なのでしょうか?まとめてみました。

更新日: 2015年10月18日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 66627 view
お気に入り追加

▼筋肉痛ってツライ…。

筋肉痛を経験したことがある人は多いと思いますが、痛くてツライですよね。ある程度の筋肉は欲しいけど、筋肉痛にはなりたくない。

筋肉をつけるには、ある程度のトレーニングが必要です。
そこについてまわるのが筋肉痛

筋肉痛になるといい運動したなと満足感を感じる半面、
思うように体が動かなくて生活に支障をきたしてしまいます。

▼筋肉痛は、翌日が多いけど、時々2日後など遅れてやって来る。

大体、運動した翌日にやって来ることが多いけれど、2日後にやって来ることも。

運動をした後、昔だったらすぐに筋肉痛になったのに、気がつけば翌々日に筋肉痛が起きた……。なんていう経験はありませんか?

遅れて来た上にいつもより長引くとイヤですよね。

回復が遅いと、運動不足が原因かなと思ったり、
年齢を重ねてしまったのかなと落ち込むようなこともある

▼みんなもそうみたい…。

▼筋肉痛ってどうして起こるの?

いつもと違ったトレーニングや強度を上げたあとに起こる筋肉痛。運動の程度や筋肉を使う頻度によって筋肉痛が現れるかどうかは変わって来ます。

ハードな運動を行えば行うほど、筋肉の中には乳酸などの疲労物質が溜まってくることが分かっています。この溜まった疲労物質が痛みを起こす、というのが筋肉痛発生の原因の一つ

傷ついた筋肉の線維を修復しようとするときに起こる痛み

▼実は、筋肉痛は、2種類に分かれるみたい。

現発性筋肉痛は、運動やトレーニングなどを行っている時に出る痛みで、運動が終われば自然に痛みは感じなくなります。

トレーニング中に出る痛みのことで、
この筋肉痛は運動した後にしばらくすると痛みが自然になくなります

遅発性筋肉痛は、筋肉を使った後、1日~数日後に痛みを感じる筋肉痛になります。一般的に「筋肉痛」と呼ばれるのはこの遅発性筋肉痛のことです。

数時間後から数日後に発生、その後数日間続くのが遅発性筋肉痛

1〜2日後に痛みが生じて、1週間程度で自然に消滅する筋肉痛。

▼「2日後に筋肉痛が起きるのは年をとった証拠」なの?

筋肉痛が2日後にやって来ると、もう年の証拠…
なんて言われていますよね。

どうして年をとると筋肉痛が2日後にくるんだろう?

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう