1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

最新VR技術は「おもらし体験」が出来るまでに進化したw

VR(バーチャルリアリティコンテスト)は色んな体験が出来ると思ってたけど「失禁」を考えつくとは…。

更新日: 2015年10月22日

DODORIAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 153081 view
お気に入り追加

「おもらし装置」を作った日本の大学

なぜ、これを作った…。

腹部への圧迫感、背部への振動、首筋への冷感、股間部への温かさの提示により尿意や失禁感を再現する

本当に漏らしそう…体験の過程が妙にリアルw

リアル感を出すために、まず水を飲む。

腹圧や振動、冷却といった失禁を再現する装置を腰の周りに装着

係員が2人ついて装置とベルトを巻く。VRヘッドセットは使わないみたいです。

胃や腸をかたどったCGが映し出されたモニターを見ながら体を左右にかたむけ、水を模したCGを膀胱の方まで送っていく

モーションセンサーが付いていて、体の動きに合わせて映像が動く。

胃と腸、膀胱のCG画面を見ながら水を送っていく。このCGはリアルではないんだなぁ…。

ゴール!で遂におもらし体験。

少しずつ少しずつ腹部が圧迫され、お腹から太ももにかけて、じわ〜っと温かみを感じはじめる

この装置で、お腹に圧力をかけて「擬似オシッコ」を感じさせてくれるw

熱いお湯を通すための装置。服の上だから50度くらいのお湯がいいらしい。

人前で失禁してしまう……えも言われぬ屈辱感と妙な快感が共存する

失禁研究中 研究員「あっ……これいいっ……」#ivrc pic.twitter.com/3NK3CRaVxd

体験した人の感想。いいんだw

なんで、こんな装置を作ったの??

Photo by Brand X Pictures / Stockbyte

尿意ってなんだ? というところからはじまりまして、尿意を感じた時の体の現象を各自で調べた

ところで失禁体験なんてVRじゃなくてもいくらでも現実で出来るだろう。

現実に失禁したら大変ですからw

「触れる」VR技術も出来ている

出典nge.jp

この白い装置で、映像の中のものに触れる。

映像の中にいる鳥に触れている感覚が伝わってくる。

1 2





DODORIAさん

なんとなく始めてみました。



  • 話題の動画をまとめよう