1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

なにこれ欲しい!室内を神秘的に照らす『月のランプ Luna』が話題に

満月の月明かりをインテリアとして楽しめる間接照明『Luna』がネットで話題となっています。

更新日: 2015年12月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1944 お気に入り 183874 view
お気に入り追加

◆秋と言えば…「月」が綺麗な季節

月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。

部屋暗くしても部屋が月の光で明るい なんか神秘的な夜だね 月明かりなんて最高じゃないか

秋の空気が比較的乾いている、もう少し具体的にいうと、空気中の水蒸気量が少ないということです。これによって、大気がぼやけたりすることがあまりないため、くっきりとした月が見えます。

月の通り道の関係で、実は月が見える高さは季節によって異なる。秋の季節は月が高い位置にあるため、地表付近のちりや明かりなどに邪魔されることがない。

夜空を見上げて月を見るだけで、どこか不思議な安堵感やロマンチックな気分を感じる人も多いもの。古来より、月は神秘の象徴です。

◆現在、そんな神秘的な「月明かり」を楽しめるインテリアが話題となっている。

満月が部屋の中に…

ロマンティックすぎるだろ…

◆この月のランプは『Luna』という名の商品。

自宅にいながらにして、自分だけの月明かりを満喫できる。暗い夜にそっと明かりを灯せば、魔法の世界に誘ってくれる事は間違いなし!

どんなにイライラしていても、優しく、暖かく、そっと心を包み込んでくれるよう。

夜空から、そのままあの優しい明かりを「間接照明として部屋の中に」というのがコンセプト。

出典whats.be

ふんわりした明かりが癒しを与えてくれる。

置いても、吊るしても、オシャレな雰囲気を演出してくれる。

「私たちの生活空間は、その時の心理や感情によって明るさにも大きく影響を与えます。私たちはずっと、人と空間との相関関係を模索してきました」

CEOのAngus氏をはじめAcon Studioスタッフの想いが、このミニチュアの天体に内包されている。

出典fundo.jp

庭に置くとまるで宇宙空間のような空間に!

◆用途には3種類のテーマがあるらしい。

出典fundo.jp

アンビエンスとは日本語でいうと雰囲気や背景といった意味。Lunaがある部屋の雰囲気はとっても幻想的になり、眺めているだけで心身ともにリラックスさせてくれる。

出典fundo.jp

Lunaはライトとして以外にも、こうやって子供の想像力を引き立てるおもちゃのような役割も。

出典fundo.jp

小さいサイズのLunaは恋人へのプレゼントにも最適。

◆なんとこの商品…すべてハンドメイドらしい。

出典whats.be

ハンドメイドなので、月の模様は商品ごとに異なるとのこと。

1 2





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう