1. まとめトップ
  2. 雑学

ジョブズとビル・ゲイツは絵に描いたような「ライバルストーリー」だった

パソコンの普及に大きく貢献した二大カリスマ スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツ。切磋琢磨を続けたまさにライバル同士の二人のエピソードが絵に描いたような「ライバルストーリー」でした。

更新日: 2015年10月27日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
90 お気に入り 62734 view
お気に入り追加

パソコンの普及に大きく貢献した二大カリスマ

▼二人のエピソードは絵に描いたような「ライバルストーリー」だった

二人とも同い年

切磋琢磨を続けたまさにライバル同士の二人

時に喧嘩をしたり、公の場では仲良く話していたりと非常に測りづらい仲であったことは有名な話です

この二人の切磋琢磨がパソコンを広めたと言っても過言ではないような、強力なライバル関係にあったと思います

性格も見た目も全く正反対だった

1980年代初頭、ジョブズとゲイツはその頃20代でしたが、正反対の個性を持っていましたが急速に発展する業界で華々しい成功を味わっていました

ゲイツはジョブズを高く評価していた

スティーブは驚くべき天才で、業界に多大な貢献をした人。
彼とは一緒に働いた時期もある

我々は、成し遂げてきたことのうちの大半においてライバル関係にはあったが、
常にお互い、ある種の敬意を持っていた

一方のジョブズはゲイツを徹底的にこきおろした

ジョブズはゲイツを「想像力の欠片もない」「ちょいと狭い」二番煎じ男と見ていた

ゲイツ氏はジョブズ氏に「想像力がない、何も革命を起こしていない」などと非難されている

ゲイツがWindowsを発表したときには呼び出して声を荒げたという

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう