1. まとめトップ
  2. おもしろ

そりゃそうでしょ…親たちから激しく批判された海外のおもちゃ

世界には色々なオモチャがあるが、よく発売まで至ったね…というオモチャも。商品化されるまでに反対する者はいなかったのだろうか…

更新日: 2015年11月04日

Sweeteuropeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
155 お気に入り 539274 view
お気に入り追加

「タイタニック号」の滑り台

えっ、まさかあの沈没事故をイメージした遊具…?

映画、『タイタニック』をイメージしたスライダー。

1912年に氷山に接触して沈没した豪華客船「タイタニック」。犠牲者は1500人以上で、1997年にはレオナルド・ディカプリオ主演で映画化もされている。

確かに、タイタニックは人を集める力があるにはあるみたいですが、悲しんだ方がいることは事実なので、もう少し楽しい方向に考えられなかったか、疑問に思います。

傾いて沈没し始める客船をイメージしたスライダーで子供たちは無邪気に楽しんでいるが…

「妊婦バービー」

色々な種類のバービー人形が発売される中、ついには「妊婦バービー」まで!

おなかがぱっくり開いて子どもが内蔵されているバービー人形シリーズの「ミッジ(Midge)」。

お腹がただふっくらしているだけではなく、何とお腹の取り外しが出来る!

しかし、一部の親はこのミッジを「道徳的にけしからん!」と批判。というのも、彼女は夫と一緒に発売されなかったため、未婚のまま妊娠したとみなされたのだ。

お腹を取り外すと、可愛いベイビーが…ってちょっと怖い!夫がついていないから未婚の妊婦を連想すると批判があるが、それよりバービーはまだティーンエイジャーの設定では…

「9.11テロ」のオモチャ

何と、あの恐ろしいテロ事件をモデルにしたオモチャが発売されていた…

米国民感情を逆なでする悪意のプラ模型は、子供向けおまけで、2001年9月11日の米同時テロで崩壊したNY世界貿易センターのツインビルに突入する航空機を再現。

お菓子のおまけで入っていたオモチャ。気付いた親たちからは批判が相次いだ。こんなの批判されるの当たり前だけど…

驚いた消費者の苦情で初めておまけの中身を知りリジー社はただちに回収を始め、これまでに約90%を回収。

「授乳体験」できるお人形

食べるお人形や話すお人形の次は、授乳できるお人形…?付属のスポーツブラのようなものを着用してお人形に授乳できるオモチャが発売されていた!

この服には乳首にあたる部分に花形のバッチが2つ付けられていて、泣き声をあげた人形の口にあてがうと、人形は母乳を飲んでいるような音を発し、口元が可動する。

こんなに幼い子が赤ちゃんに授乳なんて、とても不自然な光景。

授乳用のスポーツブラを着用して授乳!そのあとは赤ちゃんにゲップをさせてあげるというリアルっぷり。

誰もが唖然としてしまうような人形の発売元スペインのおもちゃ会社ベルホアンは、保護者達から激しく非難されている。

人種差別?な「オレオバービー」

過去に発売された「オレオバービー」は、黒人の女性をモデルにしており、オレオの包装紙カラーの洋服を着ている。

オレオクッキーとバービー人形のコラボレーションによる「オレオバービー」が過去に発売された。

しかし、「オレオ」という言葉には人種差別を表す意味もあり、非難を浴びて販売中止に…

というのも、「外は黒いが中は白い」オレオは黒人差別を象徴しているという非難の声が上がったのだ。

1





Sweeteuropeさん

気になることをどんどんまとめていきたいと思います⭐︎

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう