提供:Autodesk

すごっ…最近の「素人DIY」がトンデモすぎる。。

身近な日曜大工から手芸に至るまで、最近では女性にも人気の「DIY」ですが、ここ数年、自作のレベルがプロ並みに進化してるという…

更新日: 2016年01月29日

134 お気に入り 271976 view
お気に入り追加

最近のDIY、レベル高すぎ…

右側のヤツ…ちゃんと演奏も出来るらしい。。

そもそも「作り方」からして全然違う。

最近よく耳にする「3Dプリンター」。これを使ったモノづくりが増えてる。

DIYといわれると、多くの人は日曜大工と思うかもしれないが、最近はデジタル化が進み、“手軽”に“短時間”でプロ並みの作品ができてしまう。

複雑な造形など、今まで一人では出来なかった事がいとも簡単に出来ちゃう。

このブームに乗っかって「3DCAD」と言われる3Dをデザインする専門ソフトも少しずつ身近に。

今では、3DCADも低価格化してきており、使用できる機能自体も3Dデータを作成するのに十分なくらいのレベルに達してきています。

工業製品を作るのに十分な精度を備えつつ、有料対象となる「起業者」でも月40ドルからというプロ向けCADとしては破格の安さ。

海外ソフトでありながら、日本語で操作ができ、基本マニュアルなども配布されている。

基本さえ学べば、こんな感じのスマホケースも簡単に作れちゃう。

いまや「オタク」だけの趣味でもないらしい

ディープな趣味かと思いきや、実は楽しんでるのはフツーの人たち。

近頃じわじわ増えているのが、もの作りができるカフェ。最新の3Dプリンタを使ってクッキー型やオブジェが作れちゃう。

カフェに併設された3Dプリンタでコーヒーの匂いに包まれながら気軽に体験。手ぶらで体験できる使い方もできるので、はじめての3Dプリンタにはオススメ

デザインから完成までスタッフが丁寧に教えてくれるらしい。

道具も何も必要なし。プラっとでかけて「モノづくり」が体験できるという…

手頃な価格の3Dプリンタが増えたことで、趣味で楽しむなど利用者のすそ野が広がっています。

最近では「モノづくりの楽しさを体験してほしい」と、親子向けワークショップも増えてきました。中でも「3Dプリンタ」を活用したものは大人気

今こういったワークショップやセミナーは、受講者の8割が未経験者。

ネームプレートからマスコット作りなど、さまざまな体験イベントが開催されてる。

1