1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

まるで別世界への入口!『切り株アート』の不思議すぎる魅力

「切り株」の表面をキャンバスにして、油絵で描かれた "風景"が話題となっています。

更新日: 2015年12月04日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
407 お気に入り 87151 view
お気に入り追加

◆現在、ネットではある不思議な「芸術作品」が話題となっている。

「切り株」の表面をキャンバスにして、油絵で描かれた"自然の風景"。 まるで切り株が「鏡」となって、かつての森を映し出しているように見えてしまう作品。 thisiscolossal.com/2015/10/log-la… pic.twitter.com/17aK4vi9nm

切り株の表面にリアルすぎる風景画が…

@orangeflower08 絵の良さがよく分からない俺にも分かりやすいし感動する

◆切り株の切断面が「別の世界」に入ることができる境界のように見える

まるで別の世界がそこに存在しているかのよう…

異世界を覗きこんでるような不思議な感覚を覚える>RT

別の世界だが、どことなく「懐かしさ」をも感じさせる…

普通に森とかの絵なのに切株に描くと幻想的な感じに…いいなぁ

なんだろうこの奥行き感。 ほんとに入っていけそうな気がする。不思議ー pic.twitter.com/WWyLNG2nIv

@orangeflower08 絵が描かれたあとで木の乾燥につれてひび割れが広がっていくのですね。動きが出ていて、とても面白い。絵の具の剥落をどう止めるのか、飾る人は頭を使いそうですが…。

◆これは海外アーティストのアリソン・モリツグ氏が制作したアート

Alison Moritsugu。ハワイ生まれ。高校卒業後、ワシントン、ニューヨークの大学で芸術を専攻。現在は、ニューヨーク州ビーコン市を拠点に活動中。

http://alisonmoritsugu.com/about/bio/

海外アーティストのアリソン・モリツグ氏が制作した切り株にイラストを施した作品ににわかに注目が集まっている。

アリソン・モリツグ氏の作品は「切り株」の表面に様々な風景画を描いたものがメイン。HPには「log series」として紹介されている。

◆この作品に込められている意図とは?

「切り株は元はどんな場所に住んでいたのだろう?」という素朴な疑問とアートの歴史が混合してこのような作品が出来上がった。

元々木が生きていた場所を描くことでそこには永遠に枯れない世界が生まれる。

これらはアリソン・モリツグさんによる制作だが、「切り株が生息していたかもしれない"地方の風景"を、切り倒された切り株の上に再現させる」ことで、"環境への意識”を高めるという目的があるという。 こういう表現方法は美しいし、大変興味深い。

木々がどんな場所に生きていたのか想像させられる。

モリツグ氏はこの作品をつくるにあたって、木を伐採することはせず、すでに死んでいる木を使うよう配慮した。

描かれた絵によって再び「命」が吹き込まれているかのよう…

美しい…でもなんだか切ない。

1 2





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう