1. まとめトップ
  2. おもしろ

黒すぎるw…Twitterをざわつかせる『ダークマター』たち

各食卓では様々な食品が「原型を留めない謎の物質」に変形している模様…

更新日: 2016年05月26日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
89 お気に入り 86079 view
お気に入り追加

◆Twitterをざわつかせる『ダークマター』生成者が増加している模様。

あたしの妹はお菓子を作ると毎年100%失敗する。 今年は完璧なダークマターをお作りになった。もちろん味もヤバい。ほぼほぼ無味。 pic.twitter.com/b78zgyvbGZ

妹様にハロウィンクッキーの試作品を作ったらしく試食してほしいと、頼まれた。姉としてたべてあげたいが、体を壊さないのか?…うん。すこしね。斬新ね。 よく、火がとおってていいのかしら?… どうしたらいいんだろう。 pic.twitter.com/dT7qnWofgV

いきなりやらかした 餅めっちゃ燃え上がった 一瞬最悪の事態が頭によぎった pic.twitter.com/dtdWmmmozx

ついに…ダークマターを創り出してしまった pic.twitter.com/xiXGQoQwWs

何が原材料だったのか全く見当もつかない…

◆そのネーミングからして物々しい『ダークマター』とは?

正式には、宇宙における質量の大半を占めながら観測されていない仮説上の物質の総称であるが…

(ダークマターとは)見るに耐えない、もしくは材料や原型を留めていない暗色系で正体不明の物体。

◆以前、こんな本物の『ダークマター』が話題となった。

ベンタブラックとかいう世界一黒い物質。初めて写真で見たけど恐ろしいな。そこだけペイントで塗り潰したかの様な違和感のある黒さ…。絶望的な黒さに恐怖というか不安というか本能的に拒絶する感覚。 pic.twitter.com/pRLq7AGJhh

イギリスのサリー・ナノシステムズ社が開発し、「ベンタブラック」と名付けられたこの物質はなんと光の99.96%を吸収してしまう。

世界でも有数の、権威ある研究所で調べられた数値で、過去に試験された中でも最も黒い物質

出典grapee.jp

通常のの黒い塗料などの吸収率は95〜98%。数字だけ見るとそんな変わらないのでは無いかと思うが動画や写真をみると全く異なることがわかる。

◆Twitterではこのベンタブラックに勝るとも劣らない『ダークマター』が「食卓」で生成される事案が相次いで報告されている。

・「茶碗蒸し」がエラいことに…

!?!?!中に入れてた茶碗蒸しがすべて消滅して…いるだと……… pic.twitter.com/lRwwlxxkR0

茶碗蒸し容器内にブラックホールを錬成してしまったのか

よく見たら茶碗蒸しあった………よかった…………………!?!? pic.twitter.com/hOMbXiQYLR

よく見ると細長くにんじんっぽいの見える pic.twitter.com/MqkPVd8SQb

これは、ほぼ化石…

みえねぇよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

@my_hypnosis むしろダークマター感が増してるんですけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

・油断すると'溶岩タイプ'のダークマターも出現する…

1 2





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう