1. まとめトップ

フジテレビ視聴率が低迷で大赤字!時代外れの芸能人つまらない番組が裏目!安倍と癒着のプロパガンダ放送局

バブルの雰囲気を出しているフジテレビが時代に合わないスタイルで視聴率が低迷しています。勝手に決めた大衆イメージの押しつけでは、テレビを楽しいと感じる人は少なくなっているのです。視聴者の目が肥えていて、ドラマなども軒並み低視聴率になっています。

更新日: 2016年06月15日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 14304 view
お気に入り追加

最近、フジテレビの未来を担うべく若手&中堅局員が次々と逃げ出す準備を始めているという。

フジテレビに高額の広告料を支払うくらいなら、テレビ東京に出稿したほうがよっぽどコスパがいいことが、クライアントにバレてしまった。

◆ 最近、低迷しているフジテレビ

今までは、電波を独占する事によって、ぼろ儲けしてきました。

TBS、テレビ朝日、フジテレビなど他のキー局も電波を格安で仕入れ、その数百倍の収益をあげている。まさに「濡れ手で粟」の商売」

「売上高が前期比6.5%減の約2897億円。営業利益は48.8%減の約55億円と減収減益を記録してしまった。キー局の中でまさに1人負けと言ってもいい状態です」(フジ関係者)

フジテレビはドラマ、バラエティ、報道と総崩れ。視聴率2ケタを取れる番組がほぼありません。

◆他のテレビ局は、元気いっぱい!

ドラマの視聴率などが好評のTBSは、売り上げが増加、営業利益も増加しています。テレビ朝日もニュース番組などが好評です。

「日テレの売上高は、前年比5.7%増の3070億円、営業利益は20.5%増の458億円。テレビ朝日は売上高が増減なしの2282億円、営業利益は10.8%増の102億円。TBSも売上高0.5%増の2103億円、営業利益は5.6%増の66億円。テレビ東京は売上高が5.1%増の1073億円、営業利益は95.3%増の46億円です」(経済誌デスク)

売上を見てみると、フジの2897億円に対しテレビ東京は1073億円と大差を付けられている。だが、当期純利益ではフジの33億円に対し、テレ東は59億円という倍近い金額

◆ 低迷するフジテレビ視聴率で赤字へ

現場は阿鼻叫喚の地獄絵図です。ドラマや新番組はほぼ壊滅状態。上層部は『数字を取れ』と声高に叫ぶだけで、結局はノープラン。

スマートフォンが普及し各々がブログ、ゲーム、LINEなど好みに応じたコンテンツを楽しむ時代に。こうなるとテレビ番組選びは、適当につけた一瞬の画面が勝負

◆高額の広告料なので、スポンサーがつかない

先日放送されたある番組では、ゴールデンにもかかわらずスポンサーがつかず、朝の情報番組のように生放送のネットショッピングが差し込まれていました

「テレ東に出稿した方が、少ない投資額で倍以上のリターンがあるということです。ちなみに、ゴールデン&プライム帯のスポット金額はフジが80万円~であるのに対し、テレ東は20万円~。これからはフジを避ける傾向が広まっていくのは確実」(大手広告代理店幹部)

◆離職する社員が急増しているフジテレビ

経費削減も進行中で、フジテレビでは来年の給料も大幅カットが決定し、転職する局員も続出しているという。

◆ 時代に合わないフジテレビ

質素でシンプルな落ち着いた生き方がスタンダードとなったなか、フジテレビの画面はどぎつい原色の色使いに、派手な服を着た芸能人がたくさん。

この消せないバブル臭は、ほとんどの人をフジテレビでなく、テレビ朝日、日本テレビ、テレビ東京(東京地区の場合)に向かわせる

ここ数年、毎回フジテレビが話題にのぼる。ドラマやバラエティの視聴率ランキングを紹介するのだが、いい順位に入ってこないのだ。今回は人気ドラマのトップ20に一本も入っておらず衝撃だった。

◆ ドラマの低視聴率が当たり前

タイトルからして意味不明で、視聴率が低迷。

初回視聴率は10.4%と何とか二桁台に止まったものの、第2話は打ち切り目前とされる7.5%。

1 2 3





misukiruさん

注目している芸能人・芸能情報・スキャンダルまで。恋愛ライフハック、エンタメ、デート系、話題の人物、戦争経済と歴史、社会問題、ウェブ・IT、経済・金融。政治・政治家。情報アンテナ。平和派。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう