1. まとめトップ

最新SEO対策はコンテンツSEO対策!最強のSEO対策とは?

サイト制作にはSEOが必要不可欠。。最近のSEOは非常に難しくなってきており、今一度SEOとは何かと向き合う為のまとめです。

更新日: 2016年02月19日

1 お気に入り 1319 view
お気に入り追加

SEOってどういう意味?

「SEO」という言葉はよく聞きますが、言葉は有名でも、その内容について詳しい方は少な いのではないでしょうか? SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、「検索エンジン最適化」という意味です。 GoogleやYahooなどの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に、上位に表示させるための対策のことです。 Webサイト制作においては、大変重要視されているもので、このキーワードを意識して入れて、文章を作成することが主流になっています。"

どうやったら効率の良いSEO対策ができるのか?

SEO対策は大きく分けて「外部から良いwebサイトであると認められる」(外的SEO)ことと「webサイトを良いwebページで構成する」(内的SEO)という2種類のアプローチによって成り立っています。 一般的に言う「SEO対策」とは、この「外的SEO対策」と「内的SEO対策」を並行して実施することでしたが、2010年あたりから、「内的SEO対策」が重視されるようになりました。それまで、「外的SEO対策」に力を入れサービス展開してきた会社が、ここ数年で急速に業績を悪化させている現状からも、時代はより良いwebページで構成する「内的SEO対策」に向かっていることがわかります。

内的SEO対策で最も重要なこと

「内的SEO対策」が重視されていますが、具体的にどのようなページが良いwebページで構成されている、とみなされるのか? そう疑問に思われた方も多いでしょう。 良いwebページであることの条件はいくつかあります。内容が充実しており、正確な情報を伝えていること。読んでいてためになった、面白かった、と感じられるような内容であること、そしてこれが今一番重要視されているのですが、「自然に、商品なりサイトなりを紹介している」というものです。 ライターの募集で「ブログを書いて下さる主婦の方募集」という求人を多く見かけませんか? このブログという形が一番自然にその商品と結びつけやすい、という観点から、このような求人やブログにリンクを貼り、アクセス数を増やそうとしているサイト運営会社が多くなってきているのです。 何だか面倒臭そう・・・。 そういった事業主の方には、こういった自然なwebページを作成してくれ、内的SEO対策をばっちりしてくれる会社もあります。 http://final-seo.jp/ いまだにはっきりと解明されていないSEOは小さなショップや会社が、策を講じるには限界があります。

SEOの歴史

1996年  ページ内へのキーワード盛り込みで上位表示効果があることが判明。後に上限が決められる。

1998年  metaタグへのキーワード盛り込みで上位表示効果があることが判明。後に無効化される。
2000年   YAHOOがGoogleのエンジンを採用。後に提携解消。

2004年   YAHOOが独自開発の検索エンジンYSTを採用。。YSTで順位を上げるためのSEO業者の苦闘が始まる。

2006年  YAHOOカテゴリへの有料登録がYAHOO対策として効果を発揮。

2010年11月 ブランド名でのリンクが効果があるとされる。キーワード分散と同じ意味とも言える。

2010年12月 YAHOO!JAPANがGoogleエンジンを採用。一気にGoogle対策の重要度が増す。

2011年 1月 共起語がブレイクする。

2011年 3月 アンカーテキストの分散が重要視される。

2011年 4月 ワンクッションリンクが効果があると話題になる。(海外ではリンクピラミッドとして以前から知られている)

2011年 4月 パンダアップデートが日本のGoogleにも適用されたかどうかが話題になる。パンダは低品質なWEBページをランクダウンすると言われている。

2011年 5月 Googleの公式ブログで高品質なサイトに関して言及される。

2011年 5月 Googleが直帰率をランキングに反映させているのではないかと話題になる。

2011年 6月 15日にGoogleで大きなアップデートがある。オーソリティサイトは無傷だが、それ以外のサイトで大きな順位変動を確認。

2011年 7月 外部リンクが以前ほど効かなくなっていることが話題になる。ただし、外部リンクの取り締まりが強まったり弱まったりする傾向もあり、わかりずらくなっている。コンテンツの強化がSEO業者の発言でも目立つようになる。

2011年11月 Googleが新たなアップデートを導入。新しいコンテンツを上位に表示するアルゴリズム。

2011年11月 Googleが8月頃から過剰な被リンクを受けているサイトに積極的に警告を出すようになる。11月下旬に警告を受けたサイトの多くで順位の急落が発生。同一キーワードや大量リンクのフィルターが強くなっていると思われる。

2012年4月 いわゆるペンギンアップデートが発動される。同一キーワードでの大量被リンク、または関連性のないサイトから被リンクを行っているサイトが標的となって徐々に順位を下げる。

2012年5月 不自然なリンクの警告メールはGoogleが手動で送っていることが知れ渡る。ペナルティ解除のための申請方法がネット上で話題になるが、ペナルティ解除の報告が公開された例は少ない。

2012年7月 パンダアップデートが日本でもはじめて適用される。低品質なサイトやページがランクダウンされる。他のサイトからのコピー、少ない文章で構成されているサイトが順位を落としている。

2012年7月 Googleから不自然なリンクに対するメールが一斉送信される。ただし、このメールはランクダウンを知らせるものではなく、サイトに対する不自然なリンクがあることを教えるものであり、そのリンクをおそらく無効化することを示唆していると考えられている。無実のサイトにもこのメールは送られている。

そして現在内部対策と高品質リンクとコンテンツが重視されており、短絡的SEOは出来なくなった。

アクセス数と売り上げは比例する?

アクセス数は収益に比例するネットショップなど,webサイトを活用したサービスで収益を得る場合、アクセス数は収益に比例します。 SEOのルールは、Googleなどの検索エンジンを運営する企業が独自に決めています。 基本的には「より良いwebサイトを上位に表示する」ことが前提となりますが、ルールを構成する要素は多岐にわたり、検索順位を決める計算式は複雑なものとなります。 そして、検索結果の固定化を防ぐために、この判断の基準は常に改変されており、完全に非公開となっています。 上に挙げたような理由で、アクセス数が収益に結び付いている企業やショップ側は、多額のお金と時間をかけて検索サイトの動向を調査していますが、検索サイト側によるルールの変更と、いわばイタチごっこのような格好になっています。

なぜSEO対策に躍起になるのか?

一般的に何かの目的があってインターネットを利用する人は、特定のキーワードを検索エンジンに区切って入力し、情報を得ますよね? それが時にはニュースであったり、勉強のためであったり、単純に知りたかったから、また欲しい物があるけれどその価格や商品情報を知りたい、など必ず目的があって、検索エンジンを利用しているはずです。 検索した結果、一番最初に出たサイト、あるいは上位にランクインしていて、自分の興味に合っていそうなサイトを、選ぶのが普通ではないでしょうか? 検索時の表示の順位を上位に上げるためのSEO対策は、アクセス数を増加させるために非常に重要になり、宣伝目的でウェブサイトを開設している会社やお店などは、その検索エンジンの結果、いかに上位に来るかが死活問題になっているので、これほどまでにSEO対策に躍起になっているわけです。

SEO対策で使えるツールと情報

1





レスポンダーさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう