1. まとめトップ
  2. カラダ

女子にオススメ♡美容と健康には"子宮力"アップが効果的

子宮が冷えてしまうと、生理痛や肌荒れだけでなく、がんのリスクも高まるようです。子宮力を上げて美しさと健康を手に入れましょう

更新日: 2015年11月24日

909 お気に入り 174768 view
お気に入り追加

あなたの子宮、弱ってない?

日中はデスクワークで運動不足、夜はネットやTVを見ていて寝不足...などの生活を続けていると、子宮は確実に冷えてしまうんです!

子宮が冷えると、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がん・乳がんなどのリスクがとても高くなります

温めて「子宮力」を高めよう!

パンや、お砂糖って白いパン、白砂糖などがありますよね。しかし食べ物の〝白〟は体を冷やすものが多いのです

甘いものを食べたいときは黒砂糖、てんさい糖などのミネラルが入ったものを。

三温糖は白砂糖なので注意を!

じゃがいも、なす、ピーマン、トマト、パプリカなどのナス科の野菜、果物全般は強い陰性

逆に体を温めてくれるのは根菜系の野菜。陰性の野菜も加熱することで陽性に近づくので、夏に食べたいなら根菜を含んでじっくり煮込んだラタトゥイユなどが良さそう

運動は、すこ~しだけ

1. イスに浅く腰かけ、右脚をしっかり伸ばす。
両手を右ひざに添えて、太ももを脚のつけ根に向かってさすり上げる。
このとき、手のひら全体に力を入れる。これを3回繰り返す。
2. 左脚も同様に、3回マッサージをする。

足がむくみやすい、冷えがツラい、と感じている人は、リンパマッサージで全身の血液循環をよくし、子宮を温めましょう

子宮を冷やす最大の原因は血流の悪化。骨盤まわりの血行がスムーズになれば、その内側にある子宮の流れもよくなる

まず手軽に行なえるのは、ウォーキング。足を大きく前へ踏み出して、かかとから着地する事が骨盤に刺激を与える歩き方のポイント。少し大股で歩くだけでも効果がありますよ!

外から直接温めても◎

仙骨にしっかり当たるように、肌着の外側かズボンの内側に、小さな使い捨てカイロを貼りつけます。
おなかまわりまでポカポカして、生理前や生理中のつらい冷えがみるみるやわらぎます

就寝時に使ったり、直接肌に触れたりしないように気をつけてください

間違った使い方は低温やけどの恐れがあります!

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎは、下半身の血流を良くする大切な役割を果たします。この部分をマッサージし、滞った血流を促す事が、子宮の冷えをとるポイント

お風呂の湯ぶねの中で行うと、お湯で摩擦がやわらぎ、血行がよくなっているのでより効果的

子宮を温めるとイイことたくさん!

子宮の冷えは、様々な機能を停滞させてしまうだけでなく、女性特有のイライラが酷くなってしまいます。ですので、しっかり温めて、ポカポカと柔らかい状態をキープする事がとても大切

1 2





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう