1. まとめトップ
  2. カラダ

え、アレも!?最近判明した「寿命に関わるかもしれない」習慣

最近、発表された最新研究でわかった!こんな毎日の生活習慣があなたの「寿命」を決めてるかもしれない。

更新日: 2016年01月03日

akashi2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
230 お気に入り 199758 view
お気に入り追加

ベーコンは、ホントに体に悪いのか?

毎日一定量の「加工肉」を食べている人は、結腸や大腸がんを発症する確率が高まると世界保健機構(WHO)の研究機関が発表した

800以上の研究結果を分析した結果、加工肉を毎日50グラム食べると、大腸がんになる可能性が18%アップするという

約50グラムは、市販のソーセージで約三本、ベーコンは約二枚くらい。マジか。

欧米に比べると日本人の肉類の消費量は少なく、「日本人の一般的な消費レベルなら大腸がんリスクにはならない」との研究結果もある

極端に食べ過ぎなければいいという専門家の意見も多かったり。

結局コーヒーは、身体にいいのか?悪いのか?

健康にいいとか悪いとか、結果が別れがちなコーヒーの効果。

1日3~5杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べると、早死リスクが最大15%低いとする20万人以上のデータに基づく最新の研究も

コーヒーを1日に3~5杯飲んでいる人は、心臓病、自殺、糖尿病、パーキンソン病で早死にする確率が低くなるという

今年、コーヒーをどのくらい飲めば身体にいいという研究結果がはじめて出た。

毎日働くことって、どれだけ体に負担なのか?

従業員の始業は朝10時から。彼らは慢性的な睡眠不足を抱えている。労働者は肉体的にも感情的にも疲弊している

睡眠不足は、万病の元だといいますしね…。

22万人の追跡調査で、座っている時間が1日4時間未満の人に比べ、11時間以上の人は死亡リスクが40%も高くなっていた

ところが別の研究結果によると、長時間座っていたことと死のリスクとの間には相関が見られなかったとのこと

「座っている時間ではなく、動かないことが問題で、座る時間を減らしていても、動かずに立っているだけでは意味がない」

結局、体を動かさないと立ってるだけじゃダメだということがわかった。

家でダラダラ過ごしているのも、よくない

テレビを見る時間が1日あたり2時間増えると、様々な病気による死亡リスクが高くなるという結果

そのリスクは、自殺では1.43倍、パーキンソン病では1.35倍となったという

座ったままの状態でテレビを長時間見て、動く時間が減り、見ながら食べると摂取カロリーが増え、座る姿勢が血行を悪くするため

テレビが悪いんじゃなくて、運動しないのが悪かった…。

「習慣的な睡眠」を変化させると、心血管疾患や糖尿病などの長期的な健康問題を起こす恐れがあるという研究結果が発表された

仕事日と休日の睡眠スケジュールの違いが大きければ大きいほど、代謝系の健康問題への影響が大きくなる

えぇ…寝だめもダメですかー!

肥満より危ないのは「運動不足」

肥満の人のBMI値を下げることによる死亡数の減少は3.66%にとどまる。肥満よりも運動不足の方が深刻だった

1 2





akashi2さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう