1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

大掃除に!油汚れが、ホット重曹水でバリ落ちる

重曹は、熱いお湯を加えると大掃除のとき、さらに使えるようになる。自然で安心な掃除がしたい人にオススメ!

更新日: 2015年11月26日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
330 お気に入り 30174 view
お気に入り追加

重曹は、安心のお掃除アイテムなのは常識

前にせっこにゃんがtweetしてたジャックダニエル霧吹き、重曹水入れておうちのあらゆる掃除に役立ってる pic.twitter.com/RuGNg2QvH4

重曹を水に溶かすと、掃除がはかどることがよく知られてますけれど。

重曹は水に溶かして、「重曹水」としておくと掃除に使いやすい

重曹をクレンザーのように使うのではなく、スプレー洗剤のように掃除に使います。

【重曹水の作り方】
水100mlに対して、重曹小さじ1の割合でスプレーボトルに入れて、振って溶かしておく

臭いが気になる下駄箱や生ごみなど、軽く一吹きして臭いを抑える防臭までできちゃいます。

やばい。重曹スプレーでも落ちないってラスボスすぎる。

ただ重曹水でどうにかなるだろか…というレベルのとき。こうするといいかもしれない。

さらにしつこい汚れには、重曹水をホットにすべし

40℃のお湯500mlに重曹大さじ2杯を溶かし、「ホット重曹水」を作ります

ぬるま湯になったらスプレーに移し替えます

熱湯に重曹を入れるときには、ぼこぼこ泡立つので吹きこぼれにご注意を!

この「ホット重曹水」を汚れに吹きかけて、浮き上がった汚れを拭き取ります

ホットにすると、いいことがパワーアップする

重曹を常温で溶かした水より、お湯を加えた方が「洗浄力」がアップするんです。

重曹は、アルカリ性。油汚れや湯あかなどの酸性の汚れに効果大

重曹水を沸騰させたり、熱い湯(60℃以上)を加えたりすると、さらにpHが10〜12ぐらいの強アルカリ性になる

お湯を加えた方が「洗浄力」がアップするんですね。

ただし、重曹をお湯でグツグツする時は、アルカリ度を高めて洗浄力をあげたい時にだけする

使うときは、強いアルカリ性が肌荒れの原因になるので、手袋をしてね。

熱湯+重曹水は、こんなお掃除の悩みを解決する

ガスコンロ本体は、ホット重曹水を吹きかけたキッチンペーパーをしばらく置き、油を浮かせてからふき取ります

重曹を混ぜた60℃くらいのお湯に、コンロの五徳や焼き魚のグリルトレーを30分ほどつけます

五徳(ごとく)は、なべを置く部分のこと。

コンロの五徳がスッポリと入る大きな鍋があれば水1リットルに、重曹大さじ4杯入れて、五徳を入れて、10分ほど煮立たせてもいい

換気扇の内部を拭き掃除する際、スプレーからいったん、布に吹きかけてから拭きとる

シンクにゴミ袋を張って、60℃のお湯を入れ、お湯1ℓに大さじ4杯の重曹を溶かし、外した換気扇の部品を浸けこんで1時間置く

ドラム状のシロッコファンは、細かい隙間が多いので、フード・フィルター・ファンを外してホット重曹水へのつけ置きがおすすめ

電子レンジで加熱に使用可能な容器に、水200mlと重曹を大さじ2~3程度入れて、電子レンジで3~4分程加熱

加熱し終わったら、15分程放置して、重曹の湯気が汚れを浮かせるのを待ちます

汚れが浮いたところを、サッと拭き取るだけ!

焦げを取りたいお鍋に熱湯を入れます。重曹の粉をふりかけます。 そのまま8分程度湯を沸かし、スポンジで軽くこすり洗い

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう