1. まとめトップ
  2. 雑学

関東VS関西、あの国民食の「食べ方」に論争が尽きない…

ネットでよく起こるお好み焼き、カレー、そしてすき焼きの食べ方の違いの村荘。これって関東と関東の文化の違いがよく現れてる。

更新日: 2015年12月31日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
84 お気に入り 101127 view
お気に入り追加

関東VS関西、お好み焼きは、どう切り分けるのか?問題

みんなでシェアする場合、ピザカットの方が、みんな同じように分けられるので合理的

関東の方は鉄板が小さく、一度にたくさん焼けないことから、 とりあえず平等に行きわたるようにピザ風に切り分けるのだとも

お好み焼きの上を「井」の字を書くように四角く切るのが一般的という意見が多い

「井」の字を書くように四角く切るのが、格子切り。

手前からひとくちサイズに切りながら食べる

しかし世の中には『お好み焼き定食』ってのがありまして… pic.twitter.com/ZGcvOKYtqp

分かれ目のポイントは、お好み焼きを「おかず」にできるかという点。

1人で1枚を食べる食事感覚(昼ごはん・晩ごはん)の強い関西に対し、関東の方は、みんなで少しずつ取り分けながらつまむ

関西人は店でも家庭でもお好み焼きは一人一枚食べ、取り分けるとかシェアするという考えはあまりない

関西の人はお好み焼きをオカズにご飯も食べるそうだから驚く…(〃д)ムリ

お好み焼きは、ピザのようなものととらえる関東人。

お好み焼きはご飯のおかずであり、誰かとシェアするようなものではないことを強力に主張して眠りにつきます。おやすみなさい。

お好み焼きは、おかずととらえる関東人。

関東VS関西、カレーは混ぜるか?混ぜないか?問題

『混ぜない』派の理由は、『最後まで、カレールーを、オリジナルの味で食べたい』から

大阪では庶民の味の代表格“混ぜカレー”は街の洋食屋さんで大人気

見た目はカレーのおじや、リゾット。出汁を利かせたカレールーとご飯を混ぜて調味し、温泉卵を乗せてお出しします

家のカレーにも生卵おとす派です♪ 今日も一日お疲れさまでした~♪(^^)/ pic.twitter.com/F3Zd8Iaimo

分かれ目のポイントは、カレーライスに生卵・半熟卵を落とせるか?という点。

あるアンケートでは、生卵トッピングする人は全国では8.2%、東京では3.3%と少数派

一方、大阪では生卵トッピングする人は18.3%で、トッピング人気の4位という結果

生卵で混ぜ混ぜしたとこに、ウスターソースをちょろっと垂らすと…うまぁ!!!

カレーに生卵とかありえない!とかそういうレベルじゃすまないと思うんだけど

きれいな見た目にこだわる派も。

カレーはごはんとルーを全部かき混ぜる派です。外ではあんまりやらないようにしてるけど、味が均等になるのが好きなのでできれば混ぜたい。時々生卵も入れます。あれがまた美味しいんだよなぁ…

うまければいいじゃないかという人も。

関東VS関西、すき焼きの味を決めるタイミング問題

関東の「煮るタイプ」のすき焼きは割り下で野菜やお肉を煮るので、具材から出汁が出て、肉や野菜の旨味を味わえるやさしい味わいのすき焼きになる

お肉を牛脂で炒めないのでカロリーや油分も控えめになり、結びコンニャクやお豆腐も入るので、鍋感覚でヘルシーに食べられそう

先に鍋で肉を焼いておいて、あとから味をアドリブできめていく方法。

1 2





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。



  • 話題の動画をまとめよう