1. まとめトップ
  2. 雑学

赤い下着が幸運を呼ぶ…運気がアップする申赤のワケが興味深い

申年に赤い下着をつけると健康になるという言い伝えがあるって聞いたことありますか?来年は12年に1度の申年で幸運を呼ぶ「赤い下着」の需要が伸びそうです。申赤とは?また赤色の縁起について紹介します。

更新日: 2015年12月03日

220 お気に入り 113284 view
お気に入り追加

2016年は申赤で赤い下着が幸運を運ぶ!?

景気回復の兆しだとしたら嬉しい

12年に一度の申年に、赤い下着の需要が飛躍的に伸びそうだ。

クリスマスに赤い下着を身に着ける若い世代が増えたり、中国人の観光客が大量に購入したりしている。

申年にサルアカ?(ФωФ) 今テレビで見たけど申年に赤い下着を身に付けると縁起が良いのか…(病気が去る)そういや 赤い下着 1着も持ってないわ…

ナポリ生まれ、ローマ育ちのマリオさんによれば、子供からお年寄りまで赤い下着をクリスマスギフトにするのが恒例だそう。

イタリアでは、大晦日は友達や恋人と楽しく騒いで過ごすお祭りです。

大晦日の夜に、真新しい赤色の下着をプレゼントし合うこと。赤い下着を身につけて年越しをすると幸運がやってくると言われている

赤パンツの元祖・マルジだ。千原ジュニアが愛用していることもあり、この店の存在を知る人も多い

ハリセンボンの近藤春菜さんが勝負下着として赤いパンツを使用し、漫才コンテストの決勝に臨んだという話もあります。

申赤(さるあか)とは?なぜ縁起がいいのか

「申(サル)」は「去る」を意味し、「悪いことが去る」「病が去る」など幸せを運ぶものとされています。

「赤」は 病気を防ぐ厄除けの言い伝えがあるので、赤い肌着が良いと されているそうです。

赤い下着の人気の理由はどこにあるのでしょうか?

イメージはポジティブな内容が多いですね。

心理的にアクティブな作用のある色であり、赤色を見たり、赤い物を身につけることで、暖かく感じたり気持ちが元気になる

赤は日本人の肌に合わせると、くすみが飛ばされ、透明感のある肌に見せる効果が

昔から申年に赤いパンツを履くと、歳をとっても人に下のお世話をしてもらわなくても自分で出来るようになると伝えられています。

そもそも赤色にまつわる言い伝えとは?

景気が上向くと赤が流行るらしい!

赤いランジェリーの効果って実際のところどうなの?

大事な商談がある日や勇気を出して告白したい日、試験の日など、人知れず闘志を燃やしたいようなときには、身に着けると良い

他の色の下着を着ている時より自分自身の行動を積極的にさせ、勇気を与えてくれる色として様々な心理効果が生まれる

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう