1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

シュールすぎ!日本の「B級特撮」にハマってしまう

日本の特撮技術は世界トップクラス。そんな日本で作られた、まさに「B級」な特撮映画がオモロイんです!そして、出演者がムダに豪華なところもツボですw

更新日: 2016年01月11日

106 お気に入り 59581 view
お気に入り追加

板尾さんがジワジワくる「電人ザボーガー」

カッコイイのか、ふざけているのか、とにかく引き込まれるw

本作は1974 年に放送された TV シリーズ 『電人ザボーガー』を2部構成で現代に蘇らせた意欲作

なんと、制作費は3億円!!

秘密刑事・大門豊の命令によって動く変形型バイクロボット・ザボーガーと、自身も格闘術を駆使する大門が悪に立ち向かう

畳み掛けるようなアクションとギャグの応酬に我を忘れ、いい意味でポカーンとさせられる特撮オペラの傑作

電人ザボーガーって特撮映画を観てるんだけど、結構面白い。 ザボーガーがチープカッコ良い。

特撮ヒーローのバイクならもっとスタイリッシュでかっこいいのもあると思うけど、インパクトだと電人ザボーガーがかなりキテるw

壇蜜しか演じることができない「地球防衛未亡人」

エロ全開っぽいですが、ちゃんとした特撮です(^_^;)

怪獣映画をベースに、エロティックやパロディ、尖閣諸島問題や原発問題を織り込んだ作品

地球防衛軍・JAPのエースパイロットである天野ダン隊員(壇蜜)は、夫を殺したベムラスに攻撃するたびにエクスタシーを感じてしまう

設定が、特撮メインじゃないw

お笑いコンビ・デンジャラスのノッチ、モロボシ・ダン役でおなじみの森次晃嗣、タレントのモト冬樹ら、バラエティーに富んだ顔ぶれが共演

くっそ、地球防衛未亡人が予想以上にくだらないw

地球防衛未亡人おもしろかったわう 壇蜜の真剣な棒読みが映画のB級感を増してなんとも良い味出してたわんね

何故かゾンビと戦う「ヌイグルマーZ」

しょこたんの可愛さに、やられてしまう特撮映画。

ロリータ少女が愛する人を守るため、ぬいぐるみと合体して、ゾンビを操り世界征服をたくらむ悪党と激闘を繰り広げるアクションヒーロー映画

「ゾンビ×ロリータ×ぬいぐるみ×特撮×ヒーロー」と、受けそうな要素は全部混ぜ込んでみるという幕の内弁当風な特撮

大槻ケンヂ率いるバンド「特撮」の楽曲「戦え!ヌイグルマー」の世界観を映画化

曲から映画にするって、斬新ですね!

日本映画史上最多の109体のゾンビが登場している

109体のゾンビはCG処理ではなくエキストラで、特殊メイクを施している。

しょこたん主役のヌイグルマーZ、しょこたんロリィタかわゆす!!しかしいきなりゾンビww変身後別の人www原作大槻ケンヂwwwwwwカオスである(褒め

ヌイグルマーZ見たー!思ってたよりギャグでおもしろかった!久々に特撮のCDを聞きたくなったー!

ゴジラは古い、今の特撮は「デスカッパ」だ!

歴代のウルトラマンに出てた人や、意外な映画監督も演者として出演してます!

村の守り神としてまつられていた“河童様”が人間たちの愚行によって長い眠りから覚め、デスカッパとしてよみがえるモンスター・ムービー

ミニチュア模型を駆使した昔ながらの特撮で怪獣“デスカッパ”とその敵“ハンギョラス”の激闘を描く

1 2

関連まとめ





さぼてん猫さん

自分の趣味や気になることをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう