1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

これは盲点… ( ゚д゚ )「汚れない部屋」の作り方

きれいにするのは好きだけど、どうせすぐ汚れる。終わり無き掃除は嫌…引越しや衣替えを期に、「掃除がラクな部屋作り」を

更新日: 2016年05月05日

mirinccoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4241 お気に入り 602412 view
お気に入り追加

①物は少なく、床に置かない

ソファーやテーブルにテレビ台など、必要最低限で、なるべく床には置かないように意識

床メインの和な生活は掃除が大変。床をクイックルするにも、いちいち座椅子どけて~、布団上げて~、って作業が増える

できるだけ扉のある家具に収納をして、部屋には何もない状態を作っておくと掃除が直線的な動きで終わるので非常にラクになります

②汚れやすい場所にはラップ

細かいタイルや家具のスキマが汚れると、取るのが大変で一箇所で疲れてしまう

電子レンジ台をきれいに拭いたら その上にラップを引いてからレンジを乗せる

手が届かず汚れやすい冷蔵庫の上に、スキマなく敷く

冷蔵庫の中やキッチンタイルに貼っても便利

年に1回、丸めて捨てるだけ。いちいち洗剤をつけた雑巾でこすらなくても、綺麗なまま!ものすごいラク!

③家具は柔軟剤で拭く

水1リットルに対して柔軟剤5mlを入れた液に濡らした雑巾を固くしぼって拭く

スプレーボトルに入れて拭きかけてもOK

さらにコーティングの役目を持ち、汚れを付きにくくさせる効果もあるそう

プロも使うワザなんだとか

④掃除用具は使い捨てられるものを

汚れた掃除道具をさらに洗うのはめんどくさい

いらなくなったタオルや衣類などは切って使い捨て布に。拭けるだけ拭いて、汚れたらポイっと捨てられるのでとても便利

キッチンペーパーでもティッシュでも何でも良い。サッと1枚とって、パパッとふいて、ポイッと捨てる。これだけで部屋が一段とキレイになります

⑤汚しても良い場所を作る

ここには何でもつっこんでいい!と決めたカゴや袋があるといい

物をきっちり置き過ぎてしまうと、「とりあえず置いておきたい物」を、適当な場所に重ねて置いたり押し込むように収納したり床に置いてしまったりして、そこから散らかり始めてしまう

あらかじめ『とりあえずスペース』を決めておき、その上にしか物を置かないようにしましょう

押入れやクローゼットに、とりあえず用の収納スペースを作るのも良い

急な来客の時も役立つし、ものをなくさなくなります。

1





mirinccoさん



  • 話題の動画をまとめよう