1. まとめトップ
  2. ガールズ

冬の髪ダメージはいつも使ってるブラシが原因かも

お手ごろなプラスチック製のものはこの時期には向かないかも

更新日: 2016年01月01日

107 お気に入り 73981 view
お気に入り追加

この時期、髪がまとまらない…

これからの季節、厄介な静電気。せっかくセットしたヘアが崩れたり、パサついたり…。

雑なブラッシングは頭皮に負担をかけ、かゆみやフケの原因になるとともに、キレ毛を増やしてしまいます。

髪をとかしてもとかしてもまとまらなかったりするんですよね…

静電気が髪のダメージになってる!

静電気はヘアスタイルに影響するだけでなく、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも。

静電気が起きると、髪表面のキューティクルがはがれやすくなり、うるおいが流れ出しさらに乾燥が…という悪循環につながることもあります。

原因はブラシにあった!?

ナイロン製のブラシや、プラスチックのブラシをつかうと、静電気を発生させ、髪にダメージを与えます。

ブラシでとかしたときに静電気が起きて髪が広がってしまうのは、ブラシと髪が帯電して反発するからです。

特に安いブラシは要注意かも

100円ショップで売っているブラシはたいてい、ナイロン製なので、注意です!!

プラスチック製は持ち運びにも便利でつい使ってしまいますよね

これからの時期、空気も乾燥すれば、髪も乾燥してしまいがち。乾燥した髪は電気を帯電しやすい状態なんです。

オススメは安価な木製!

おすすめとしては静電気が発生しにくい木製またはマイナスイオンを発生させるブラシです。

木製のつげ櫛ですが、ドラッグストア又はネットなどで販売されていますが、100均にも置いてあります。

なるべく木や獣毛(動物の毛)のブラシや櫛を使って、髪に静電気を与えないように注意することが重要です。

予算に余裕があれば獣毛ブラシも良さそうです!

1





チョコバナナクレープさん

クレープといったらチョコバナナっしょ♡

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう