1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

突然発売されたiPhoneの「純正バッテリー付ケース」のデザインに批判で出てる

アップルが純正の「バッテリー付ケース」のiPhone 6s Smart Battery Caseを発売した。しかし、そのデザインに批判が出ている。

更新日: 2015年12月09日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 171012 view
お気に入り追加

■アップルが突然iPhone6、6s用の「バッテリー付ケース」を発売した

これまでiPhoneの駆動時間をのばすにはサードパーティ製のバッテリー内蔵ケースを買うか、モバイルバッテリーを買うしかなかった…のですが、今日からは違います

米アップルは8日(日本時間)、iPhone 6sおよびiPhone 6に対応した純正アクセサリ「iPhone 6s Smart Battery Case」を発売しました

製品名にはiPhone 6sと入っていますが、iPhone 6との互換性もあります。なお現状ではPlus用のバリエーションは確認できていません

・これを使うとバッテリー駆動時間が「80%」アップ!

Smart Battery Caseの装着によってiPhone 6sのバッテリー動作時間は以下のように80%前後長くなる

・連続通話時間:最大14時間→同25時間
・LTEでのインターネット利用:最大10時間→同18時間
・ビデオ再生時間:最大11時間→同20時間

iPhoneとSmart Battery Caseのどちらのバッテリーも100%の状態では、iPhoneはケースのバッテリーから使用するという

・シリコン製でやわらかい

内側はマイクロファイバーの裏地で、装着する際に曲げるヒンジ部分はエラストマー。外側はシリコン製で「絹のように柔らかに仕上げ」られている

本体とはLightning端子で接続する。ヘッドフォン端子とLightning端子はiPhone本体と同じ位置に用意されている

iPhoneに付属するLightning-USBケーブルを使ってiPhoneと同じように充電でき、ケースを装着した状態で「iPhone Lightning Dock」を利用できる

・色は2色で、価格は11800円

Apple Storeでの価格は1万1800円(税抜)。ホワイトとチャコールグレイをラインナップしている

オンラインのApple Storeで注文すると1~3営業日で出荷というステータスになっている

・アップル純正ならではの機能も

同製品を装着すると、バッテリーの状態を示す表示がiPhoneのロック画面上と通知センターに現れるため、バッテリー残量が正確にわかる

■だが…そのデザインに批判が多く出ている

背面から3.5インチiPhoneが脱皮して出てくる仕組みだよねこれ:iPhone 6と6sに対応した純正のバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」 - ITmedia Mobile itmedia.co.jp/mobile/article…

出典i.gzn.jp

本体で隠れる部分に、充電中を知らせるLEDを配置。なんでだ…。

・「薄さ」を売りにしてきたはずなのに…

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう