提供:I-ne

げげ…20代から進行する「老け髪」の事実がイヤすぎる

化粧水や乳液などスキンケアには普段から気をつけてるけど、ヘアケアってあんまり意識してなかったかも。。

更新日: 2015年12月22日

378 お気に入り 1171769 view
お気に入り追加

髪って20代から老けはじめるらしい。。

肌と一緒で年齢と共に「水分」が失われ、乾燥しパサつきやすくなり、まとまりにくくなる

「髪のパサツキ」は冬のせいじゃないのかも…。

直毛だった髪が、30代になったとたんうねりだし、くせ毛っぽく…という女性は多い

水分も抜け、うねりがでて老けはじめる。。

自覚しだす頃にはすでにヤバい(;´Д`)

髪を数本、指先にとり毛先まで撫でてみて、でこぼこした感触がありませんか?

手ぐしをして「あれ?」と気付いた時には、エイジングがかなり進行してしまっている可能性あり

パサついたツヤの少ない髪の女性と、潤いツヤのある女性では、平均で「7歳」の年齢差を感じる

な、7歳も…(;・∀・)

まずは「キューティクル」を守ること

年齢とともに、キューティクルも脆くなってく。。

パサパサして艶が失われるのは、加齢によってキューテイクルが傷み、髪の毛が受けたダメージが内部まで浸透してしまうから

パサつきが気になる髪には、揉み込むようにしっかりとなじませる。

最近は、エイジングケア成分が入った、自然志向のヘアオイルも出てる。

自然志向のヘアケアブランド「BOTANIST」から新たに登場したヘアオイル

シャンプーの売上が世界3カ国で1位を記録するなど、いま注目されてるヘアケアブランド。

「擬似キューティクル」を生成して、乾燥などから髪を守ってくれるんだとか。

キレイな髪をつくる「頭皮ケア」も忘れずに

頭皮が衰えると、髪の毛が歪んだカタチで生えてきちゃうらしい。

顔に皺ができるように、頭皮も弾力を失い、毛穴が変形。髪がいびつな形で生え、うねりのある癖っ毛になってしまう

頭皮に少し圧をかける程度にブラッシングするだけで、血行がよくなり抜け毛や髪が細くなるのを予防できる

覚えておきたい、正しいブラッシングのやり方。

最後に「下から上へ」毛の流れに逆らって頭皮を刺激。ポニーテールの結び目を作る頭頂部に向かってとかしていくといい

濡れ髪のままブラッシングすると、髪の毛が傷んじゃうので注意です。

1