1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

適度な緊張感を維持する方法!緊張しすぎても、しなさすぎてもNG

適度な緊張感を持って仕事をすることが、自己のパフォーマンスを最大にするコツです。しかし、実際には、緊張しすぎてしまったり、緊張感を失ってリラックス(弛緩)しすぎてしまったりと、適度な緊張感を保つことは意外に難しいのです。適度な緊張感を維持する方法をまとめます。

更新日: 2015年12月14日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
185 お気に入り 27252 view
お気に入り追加

▼ 適度な緊張感を持つことは大事です

適度な緊張感を持って仕事をすることは重要だと思う

かといって緊張感がなさすぎても、だれてしまいます

・実は、緊張感を適度に保つことは、難しいことなのです

常に、適度な緊張感を保ちながら、日々の業務に取り組んでいる人はどれくらいいるだろうか。このことは、ある意味、新しいことを始めるよりも、また慣れるよりも、数倍難しく、大変なことだと思う

▼ タスクに締切を設定する

時間制限を設けて学習することも、「良き緊張感」を生み出す

・締め切りがないと、だらけてしまいます

「今日中に終わらせればいいか」とあいまいな締切を設定していると、ダラダラと作業をしてしまい、結局時間がかかってしまいます

▼ デスクまわりの片付けをする

適度に片付けることも、緊張感を保つためにおすすめです。少し工夫をすることで、緊張感を上手に保つことができるようになります

▼ 緊張が必要以上に増した時は、深呼吸をする

鼻から大きく胸いっぱいに息を吸って、胸をふくらませ、口をすぼめながら、周囲に聞こえないような音で「ふーっ」と息を吐きます

ドキドキしたり、震えたりする時は、息をゆっくり長く吐きましょう。その際には、ぐっと深く吐き出すために、腹筋を締めるのがコツ

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう