1. まとめトップ
  2. ガールズ

まさに完璧…舞妓さんに学ぶ「モテの作法」が胸に刺さる

「ズボラ女子」が地位を築きだしている現代。日本の伝統から女性のあり方を見直してみましょう

更新日: 2015年12月19日

3265 お気に入り 617829 view
お気に入り追加

密かに現代の男性たちが思ってること…

今時の若い女の子たちが下品で女の子らしくないというのは、もう誰にも異論が無いことだろう

女が 腹へったとか メシ食うとか 汚い言葉遣いしたり 店員に対しての態度悪かったりしたら 引く。 女の子やねんから言葉遣いと 態度ぐらいしっかりしよ。 そんな悪羅悪羅な時代は古い、若い

☑脱いだ服は基本そのまま放置 ☑ベッドの上に物を置く。寝る時はそれを床や机にどかして寝る ☑生理用品の買い置きがないことに生理になってから気付く ☑必要品のベストポジションを考えた結果 机の上はカオス ☑とにかく積む ☑必要に迫られないと掃除も買い物もできない ※3つでズボラ女子

日本の伝統から、見直してみると

一見華やかな彼女たちには、とても素晴らしい文化が詰まっています

女性の品格を取り戻す!

どうしてバスで騒ぐ女は大抵ブスなのだろうか

ブス扱いまで!!

落ち着いたてゆっくりとした仕草に女性らしさを感じ、見ている人も心が清らかになります

「ながら」で行動しない

舞妓さんのしきたりで、歩きながらの会話は禁止されています。ですので、誰かに話しかけられたりあいさつをするときは、必ず立ち止まるのだそう

ちゃんと立ち止まり、相手に目を向けて挨拶することで、ほんの短い時間でも相手に敬意を表す大事な瞬間となります

会社でも種類を渡す時は「座りながら」ではなく、一旦作業を止め、立って渡す。シンプルで当たり前のような行動も一貫性がないと怠惰になってしまう

印象もかなり変わってきますね

恋の駆け引きも舞妓さんをお手本に

一流の芸妓は「芸は売っても身は売らない」という考え方を持っています

舞妓さんは夜の座敷のお仕事ですが、遊女とは違い身体の関係は持ちません。簡単に許さずあくまでも手に入りそうで入らない位置にいる。その固さがまた男性を惹き付ける

舞妓さんが始まった当時、男性は褒められることがほとんどない厳しい社会。そこで彼らを癒し、自分の家のように思ってくれるように、飽きさせない会話をするお茶くみ女であることが求められました

1 2





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう