1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ビリギャルどころじゃない。ヤンキーから大成功した男たち

悪いことした人が月並みになって褒められるのは納得いかない。でも月並み以上に大成功したらフツーに凄いと思うんです。

更新日: 2016年01月24日

soloponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
420 お気に入り 400879 view
お気に入り追加

偏差値30のヤンキー、とび職から世界の名門へ

鈴木さんは今年5月に名門大学UCバークレーを卒業し、現在は「グロービス経営大学院」で働く社会人だ

※グロービス経営大学院とは、社会人向けのMBA取得のための大学

13歳の頃に警察に捕まり、たばこを吸って、朝まで仲間と遊ぶといった結構ヤンチャな幼少期を過ごしていた

勉強になんて一切興味がなかったものだから、高校は偏差値30台の最低レベルのところへ入学

そして卒業後はヤンキーの王道「とび職」へ

【きっかけ】
外資系で働いていた父親が仕事で表彰されることになり、そこで働く誇らしい父親の姿を見て『今の俺、なんか違うよな』と考え始める

そこで一念発起

それで猛勉強の末に専門学校を卒業してIT企業に就職。
しかし「もっと勉強したい!」とアメリカへの留学を決意

「somethingってどーゆー意味だっけ?」と父親をまたしても唖然とさせた

そこで期限は5年間として予算は無視。
それで今の自分が死ぬ気で頑張って入れる大学を探し、世界中からエリートが集まるUCバークレーに行くのを決意した

東大だと何年かかるか分からず、UCバークレーを選択した

短期大学で必要な成績を取得すれば、4年制に編入できる制度を利用して挑戦

英語は本当に中学三年のレベルもないような感じで、壁にぶち当たるとネットで探してやってみる、みたいなのを何回も繰り返しました

それでも勉強に没頭し、26歳で念願のバークレーに入学した

これはダメw悪知恵が働きまくったニトリ社長

大学時代は「教授を褒めたり、ワインを届けたり、できないなりにあらゆる努力を尽くした」

「家出して公園をうろつく女性が増えてたので、仕事のあっせんをして紹介料」

これはあかんw

大学卒業後、いくつかの職につくがノルマを達成できずクビに。周りに同業がないという理由で『似鳥家具卸センター』を開店

経営が苦しい中、アメリカの家具セミナーがきっかけで当時タブーだったメーカーから直接購入にシフト

商品を深夜に運搬するも、ばれて各地で出禁に。道内から徐々に南下し、最後は九州まで買いつけに行った

悪知恵も極めれば才能にw

「成功するには倍努力するか、人のやらない事をやるしかない」
「頭が悪いのだから、有名大学を出た優秀な人材を使えばいい」

ある意味でとても効率的な考え方!

今日の履歴書ニトリさん『当然勉強はできない。のみ込みが悪く先生が何を言っているのか分からない/通信簿も5段階の1か2ばかり。母には「1が1番良くて5が最低」とウソをついていた/なぜか長い間ばれなかった。何も知らない母は井戸端会議で「うちの子は1とか2ばっかりで優秀なんだ」と自慢』

天才かよw

ヤンキー芸人の友達!暴走族から更生して経営者に

1 2





soloponさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう