1. まとめトップ
  2. 雑学

あの「ダメな人」には、実はスゴイ才能が眠ってるかも!?

あの「ダメな人」は、スゴイ可能性を秘めてるのかもしれない…もしかしたらだけど。

更新日: 2016年01月28日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1099 お気に入り 198240 view
お気に入り追加

夜更かしちゃって、朝寝坊するダメな人

夜更かしや朝寝坊、長時間の昼寝などで体内時計が乱され、時差ボケのような症状を招く

1,000人の若者を対象に行った調査では、夜型の人は朝型人間に比べ、一般的知能を問う試験の結果が良かったという

別の調査では、朝が強い人に比べ、夜型の方が「独創的、創造力」があふれる問題解決が可能であることがわかった

ぼーっとしてる人

あいつ、ぼっーとしてやる気あんのか…。

仕事、家事、勉強などの途中で集中力が切れ、意識が別のところへいってしまう。そして、ぼーっとしてしまうこともあります

研究によると、気が散りやすい人は重大な利点を持つことがある。その利点とは、創造活動においてより優れた才能を発揮すること

『気が散りやすい』人は、より広い範囲に焦点を置き、より多くの刺激に注意を向ける性質を持っていた

集中しておらず、ぼーっとしているときの脳を調べると、活動中のときと比べてはるかに活性化する部位がある

創造性の高さに結びつくのは、過剰な思考のノイズにある信号を常に探し求める意思をもっている場合だけ

問題を抱えた人が、ぼーっとしがちなのは案外前向きな行為かもしれないね。

片付けられない人

ムダ多くて、だらしない…。
ドジっぽい印象なんだけど。

散らかりやすい部屋をなんとかしたいと思い続け、お片付け本を読んだが、ものにできないまま、また違う本を買って……を繰り返し

研究結果によって、より散らかった机を使う人の方が創造性が高く、積極的にリスクをとる傾向にあることが示されました

散らかった机では、優先すべき物は上に、反対に優先順位が低いものは下の方にあることが多い。非常に合理的

散らかった環境は古い習慣から自由にし、新しい考え方を生み出す直感を与え、整理された環境は習慣を大切にし、失敗しないよう促す

なんだか優柔不断で暗い人

「ネガティブ思考から抜け出せない」「ポジティブ思考の楽観主義についていけない」と思って肩身の狭い思いをしている

何を決めるのにも時間がかかる…どっちかを選べと言われたらなかなか決められない…人。

ネガティブ思考の人は、将来の障害や課題を考え、それを克服するための具体的な方法を考えることが多い

問題を解決する、課題や障害を認識できる力は、将来起こるであろうトラブルを見越す能力にもつながっている

こうした特性が自然選択によって淘汰されていないのは、むしろ進化的な利点をもたらしている可能性を示めしている

一部の研究者の間では、そういう役割の人なのかもしれないとも言われている。

1





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`



  • 話題の動画をまとめよう