1. まとめトップ
  2. おもしろ

原始時代かw女子の「枝毛ケア」が思った以上にプリミティブ

これは時代を逆行してますわ

更新日: 2016年01月25日

IGAIGAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 229261 view
お気に入り追加

ブラジル発祥の新しいヘアケアが…

最新ヘアトレンドの「ブラジリアン枝毛ケア」。「Velaterapia」は実際の炎を使って枝毛をトリミングするテクニック

女性が「美」のために自らの身を危険にさらしてやっている、実に危険なビューティートレンドだ

この枝毛ケア(物理)の後はさらさらの髪になるらしい

このくらいの距離なら(まだ)わかるとして

海外の女性たちの間で、「キャンドルの火で髪を燃やす」という驚きの美髪ケアが広まりつつあるそうです

カットの切り口が塞がるからレザーカットのような広い断面のカットと違って のちのちのダメージが進まないってことですね。 安易な技術でもないと僕は思いますよ

と、美容師関係の人のレスもあるが

しかし、なんか普通に市民権を得ている

Velaterapia chega para fazer a cabeça das mulheres bit.ly/1Nc5dtG pic.twitter.com/L2le9LGmT8

ブラジルでは女性誌の公式アカウントも紹介していれば…

言ってることはわからんが、ニュース番組でも取り上げられているほど注目されているヘアケア

「町の散髪屋さん」っぽい空間や

出典eva.hn

明らかに綺麗そうなサロンっぽい雰囲気でも

炎で髪を焼き切るという、伝説のカット技術「ファイヤーカット」

ヒートカッターは、熱線で毛を焼き切って毛の長さを整えるための道具で、焼き切った毛先が丸く処理できるため、チクチク感が少なくなります

知る人ぞ知る技法です。技術的には毛先の枝毛などの傷んだ部分を燃やすことにより、毛先が丸くなり枝毛になりにくくなる効果があるらしいです。(科学的根拠はございません)

ないのかよ!!

この技法は、ブラジルのモデル「バーバラ」によって有名になったとされるものの、特に自宅で真似をしようと考えるような人にとっては危険な技術です

Photo by Thomas Northcut / Photodisc

見慣れているのでちょろく感じるものの、ロウソクの炎は、外炎で約1400℃。
いくつかの金属の融点を越える

ロウソクの炎の温度は1400℃。ライターだってそんぐらと思われ 。200℃のアイロンプレスがどうのとか、淡白変成がどうのとかのレベルじゃねーっすよw

ほんとそうですわ

プロの施術には、ちゃんとしたプロセスがあるようです

1960年代から南アメリカで人気があり、広く普及していたヘアケア方法ですが、リカルドリンスという特殊なリンスと、髪の長さに応じた150~200ドル前後の費用が掛かります

Σ思ってたより高い!

(クロアチアでも)きちんとした施術には、2~4時間のプロセスと、890 - 930kn(日本円で15000円~16000円)は必要です

Split ends? Set you hair on fire-the Brazilians are doing it! refinery29.com/2014/06/69812/… #NoThanks #Fail #HairHack pic.twitter.com/aNRzq576M9

最初から#failハッシュをつけているあたり、もう故意犯

1





IGAIGAさん

お手柔らかに。。



  • 話題の動画をまとめよう