1. まとめトップ
  2. 雑学

時代遅れにみえる、あの商品が今も人気なワケ

この時代にまだソレ使ってるの?と思って調べてみたら、確かに…と納得したのでまとめてみました。

更新日: 2016年02月15日

maaronさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
79 お気に入り 206290 view
お気に入り追加

主流になってると思ってたサイクロン式

掃除機と言われて、ダイソンのサイクロン式掃除機を思い浮かべる人も多いはず。

ダイソンは1985年頃、いったん消えていたこのサイクロン技術を大幅に改良して、フィルター型に勝るとも劣らない集塵率のサイクロン方式を開発しました

サイクロン式って最近出来た技術だと思っていたら、昔からあったらしい。

あたかも紙パック式は時代遅れの代物のように、そしてサイクロン式はすべてにおいて紙パック式を凌駕しているように宣伝した

確かに、サイクロン式すげー!っていうイメージが強い。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

紙パック派という人も多い。

現状、サイクロン式は紙パック式を市場から駆逐できてはいない。それどころか日本の家電メーカーは、今も紙パック式の製品開発に力を入れている

本体の掃除に手間がかからず値ごろ感があることから、紙パック式には根強い人気があり、ほぼ拮抗している

紙パック式は『長年使っているので愛着がある』『ゴミ捨てが簡単でホコリも舞い上がらないのがいい』といった理由で年配者を中心に根強い人気

めちゃ久々に紙パック式使ったけど、 お手入れ楽ねー。サイクロン掃除機は掃除の後に、掃除機の掃除するのが邪魔くさかったもーん。

一番はやっぱりお手入れが楽ということらしい。

レイコップやダイソンなど様々なメーカーが“布団クリーナー”を発売していますが、パナソニックの新製品「MC-DF500G」が紙パック式を採用し話題に

このメーカーはサイクロン式の製品も投入しているが、どうやら紙パック式に対して何かしらの愛着というか、どことないこだわりを持っているようにも思える

極力手を汚さない清潔さと構造の簡単さが、紙パック式のアドバンテージとして存在し、それは今後しばらく覆されることはないだろう

掃除機は紙パック式が良いと結論付けた。毎回のゴミ捨てとフィルター掃除で粉塵が舞うのはもういや笑

今時、サイクロン式でしょ!と思わず、双方のデメリットを調べて考えた方がよさそう。

デジタル時代に、アナログで人気を勝ち取る

スマホでも写真が撮れる時代。それでも、売り上げを伸ばしていってるらしい。

カメラといえば今やデジタルカメラ(デジカメ)を指す時代。そんな時代に、なぜかアナログのフィルムカメラが売れている

「’02年のピーク時には、年間販売台数100万台に達した」が、ほどなくしてカメラ付き携帯電話やコンパクトデジカメの普及により、急速にその存在感を失った

07年に韓国のテレビドラマでチェキが小道具として偶然使われ、それが韓国女性の間で話題になったのをきっかけに、韓国でチェキ人気が沸騰した

09年になると、今度は中国でもチェキ人気が沸騰。有名ファッションモデルの一人がブログで「私もチェキを使っている」と書き、それが話題になったのがきっかけ

’02年の販売比率では、国内と海外が9:1だったのが、現在では完全に逆転しています

海外での人気がチェキを支えているようですね。

最近カメラ業界のトレンドといえば自撮りですが、このチェキにも「セルフィーモード」を搭載

レンズの横にある「セルフショットミラー」で写る範囲を確認できます。みんなでの自撮りも簡単にできるのが特徴!

今、日本でも結婚式の二次会や、アイドルのファン交流イベントなどで、チェキは一定の需要を確保している

もちろん日本でも一定の需要を確保しているようです。

たった3世代で45年という時代を生き抜いている

軽自動車の四駆といえば、この車の名前が必ず出てくる。

1998年に新型へ生まれ変わってから、その後の17年にわたって、フルモデルチェンジなしに作り続けている日本車がある。スズキの軽自動車「ジムニー」だ

1 2





maaronさん

ぼーっとしてるぐらいなら、まとめでもしてみようかなっていうのが動機です。



  • 話題の動画をまとめよう