1. まとめトップ
  2. おもしろ

短い足に、フワッフワの毛…!

「マンチカン」×「ペルシャ(または、ヒマラヤン等)」

ナポレオンの起源は1996年、「マンチカン」と「ペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘア」などを交配させ誕生した猫種となっています。

バセットハウンドのブリーダーである、ジョセフ・B・スミス氏が交配

マンチカンと比べると丸い顔をしており、離れ気味に付いたまん丸の大きな目、少し鼻ペちゃのファニーフェイス

昨日のイベントではっしーがナポレオンという猫が可愛いと言ってたので調べてみたら想像以上に可愛い pic.twitter.com/JtAeSItjlx

2015年に入り「ナポレオン」という名前から「メヌエット(Minuet)」という名称に。

現在のところ新猫種として認められており、キャット協会ではミヌエットという種類として登録だけは受け付けていますが、チャンピョンシップにはまだ出場が認められていません。

短足だけど、柄の美しさは世界一…!?

「マンチカン」×「ベンガル」

ベンガルやオシキャット、エジプシャンマウが特徴の、ヒョウ柄みたいな毛模様、そこにマンチカンの手足が短いのが合わさった品種の猫ちゃん

2006年にシャノンカイリーによって作成された、このベンガル/マンチカンのハイブリッドは、美しさと文字の究極。

ジェネッタは、一部の愛好家のためにアフリカンジェネット(アフリカジャコウネコ)に似せて作り出した品種といわれてるらしい

ブリーディングの中では通常の足の長さで生まれる子猫もいますが、この猫はベンガルと極めて似ており、見分けがつかないほどだと言われています。

▼珍しいジェネッタの家族の動画

世界一高級!?「虎を飼いたい」と思ってる人にオススメの猫

「サーバル」×「アジアンレパード」×イエネコ

ハイブリッド猫・アシェラは、アフリカン・サーバルとアジアン・レパードとイエネコを掛け合わせて作られたハイブリッドキャット。

「賢く、子供や他の動物に慣れるのも早いので、ペットとして飼うには最適」という触れ込みの猫

バイオテクノロジー企業ライフスタイル・ペッツ社が経済的にも余裕のある猫愛好家をターゲットに世に送り込んだ

(ネコアレルギーの原因を抑制したタイプも同時発売、こちらは軽く300万円超え)

創業者のサイモン・ブローディーは「誰でも豹や虎を一度は家で飼ってみたいと考えたことがあるだろう。しかし、それは無理だ。だが、アシェラは豹や虎に一番近づけた猫だ」と語る。

スゲェ…

!!??Σ(||゚Д゚)

アシェラは、サーバルがベースなので『イエネコ』と言うより、中型の猫科動物ほどの大きさを誇ります。

14キロ~15キロほどに成長するので、もはや中型犬といっても過言ではない大きさ

1 2





ねるねる5063さん



  • 話題の動画をまとめよう