1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これで逮捕!理不尽クレームが犯罪になるボーダーライン

クレームって、どんな事をどこまでやったら逮捕されるの?

更新日: 2016年02月28日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
217 お気に入り 144248 view
お気に入り追加

また、クレームに理由があっても、その主張方法が違法・不当(たとえば、脅迫、大声を上げるなど)という場合

脅しや暴力、名誉毀損など。

実は、いつまでも居座るだけでも罪になる

クレームに店に来て、いつまでもいつまでも居座ると逮捕される可能性も…。

【実例】
ラーメンとギョーザの提供順をめぐり、ラーメン店の対応に腹を立て、店に3時間居座ったとして、会社員が不退去容疑の現行犯で逮捕

何度も謝罪をしても帰ってくれない、「お引き取りください」と言っているのに居座るといった場合には不退去罪の可能性も

ただし、会社や店舗などの場合は、管理権者からの指示により退去を要求しないと不退去罪に当たらない可能性もある

店員さんの判断で、帰ってくださいとお願いするだけでは難しいようです。

威力業務妨害は、「クレーマーの悪質さ」が重視される

クレームが悪質な迷惑行為となってる時は、刑の重い威力業務妨害が適用されることも。

【実例】
男4人が、レジをしていた店長に小銭を投げて「拾えや、ちゃんと探せ」と怒鳴りつけ、駐車場に居座り続けるなど店の業務を妨害した

「袋が小さい」と因縁を付けたり、おでんのソーセージを1本買って複数の箸を無理やり要求するなどの迷惑行為を繰り返した

業務が実質的に妨害されなくても、業務の執行や運営を妨げる「おそれがある」状態にするだけでも業務妨害は成立

小さな嫌がらせでも、悪質と判断されれば成立することも。

「脅迫罪」「強要罪」「恐喝罪」と重い刑罰に

謝罪の姿勢を示し、常識内の賠償を提案しているにもかかわらず、執拗に「どうしてくれるんだよ!!」と迫り続ける

『ぶっ殺すぞ!』など、自分や家族の生命、身体等に危害を加えるような内容は、『脅迫罪』が成立

店員にクレームを付けて土下座を強要し、その様子を撮影した写真をツイッターに投稿したため「強要罪」で逮捕

義務のないことを店員に要求し、強制的に自分に有利なことをさせるというような内容があまりにもひどい場合は「強要罪」

反省文をかかせるなども、強要罪になることも。

一方で、暴行脅迫を伴わずに土下座を求めただけであれば、強要罪にはあたりません

ただし、名誉毀損で訴えられる可能性はあるそうです。

店の側に落ち度があったとしても、代金の返還や口頭での謝罪で法的な義務としては十分

相手を小突いたり、店のカウンターをガンガン叩いたりすれば、それは暴行にあたる

ケースによっては、暴行罪だけでなく脅迫罪も適用される恐れも。

直接相手に向けられた暴行でなくても、相手の近くで大きな音を立てたり、物を破壊したりしたとしても暴行罪に当てはまる可能性

暴行を加えた結果、けがをさせたら傷害罪が成立する。

ただ、冷静なタイプのクレーマーもいる

1 2





loadtypeさん



  • 話題の動画をまとめよう