1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

漬物入り?浜松に伝わる『遠州焼き』が新感覚で美味い!

静岡県浜松市に伝わるソウルフード「遠州焼き(えんしゅうやき)」。見た目はお好み焼きなんですが、なんと中に漬物が!

更新日: 2016年01月05日

106 お気に入り 36383 view
お気に入り追加

浜松のソウルフード「遠州焼き」ってなに?

浜松市周辺のB級グルメ「遠州焼き」

静岡おでん、富士宮やきそばと同様の駄菓子屋メニューとして親しまれてきた、浜松庶民に今も根付くソウルフード

最大の特徴は「たくあん」

この黄色いのって、もしかして!?

こだわり:遠州焼きにはマヨネーズかけない

マヨネーズをかけてしまうと「遠州焼き」ではなくなってしまうそうです。

食感と味:タクアンの壷漬けの甘みやポリポリとした食感が個性的で、どこか懐かしくクセになる味わい

たくあんの黄色、紅ショウガの赤、ネギの緑が見え、カラフルなのが特徴

薄焼きでウスターソースで味付けをする、二つ~三つに折って食べやすい大きさに切り皿に盛る

なんで「たくあん」が入ってるの?

戦後、三方原特産の大根を漬けた「たくあん」が手軽に入手できたことから生まれた

お好み焼きに必要なキャベツの代わりに身近なたくあんを使ったのが由来だとされている

超簡単!「遠州焼き」を作って食べてみよう♪

作り方はお好み焼きですが、「薄焼き」がポイントです!

1.角切りにしたたくあん(5ミリ程)、みじん切りにした紅ショウガ、ネギ、天かす、卵を生地に入れて混ぜ合わせる

この時、生地に「牛乳」を入れても良いそうです。

四角形に焼くのが「遠州焼」ならではのこだわりらしいです。

3.鉄板で両面を焼き上げた後、二つ折り、または、三つ折りにし、醤油を塗り、上からサバやアジのかき粉をまぶす

味付けは「ウスターソース」でもOKです。

食べやすく、ひと口大に切れば完成!

手作りとは一味違う、現地の美味しい店

昔懐かしい味わい。歯ごたえを出すためにたくあんはつぼ漬けを使用

長年の研究の結果、ふわりと口どけが良く、驚きの柔らさとコクのある自慢の生地が出来上がった

店の人が焼いてくれるそうで、素人にひっくり返せないほど柔らかい生地なんだそうです。

1 2





さぼてん猫さん

自分の趣味や気になることをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう