1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

今年こそは実践したい!ちょっとした事で「お金を貯める」コツ

毎年新年の目標や抱負に「お金を貯める!貯金する」と決める人は多いですが一年間それが実行できたか?というのは難しいもの。どうしてお金が貯められないのか?まずは自分がどのタイプでお金を貯められないのかチェック。いつもの生活の中のちょっとした見直しや節約でお金を貯めるコツを紹介

更新日: 2016年02月19日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
623 お気に入り 210679 view
お気に入り追加

▼今年こそはお金を貯めたい!

毎年抱負はお金を貯める→撃沈 なので今年こそ……。゚(゚^ω^゚)゚。

元日に今年は目標を探すところから始めると呟きましたが、とりあえず貯金することを目標にしようと思います

去年は全然貯金できなかったから今年は貯金頑張りたいなー( ˘ω˘ )TOKYOお金かかるねー( ˘ω˘ )

▼毎年「お金を○○万円貯める」と目標を立てる人は多いもの

毎年、新年の抱負にお金を貯める!貯金する!と目標立てるのに、年末になると「あれ?」って事ありますよね?

収入を増やす事が大変ですが、支出を減らすことは簡単にできます。お金が貯まらない理由は支出が多いからです

貯金は、軌道に乗るまでが大変ですが、「お金が貯まる習慣」を身に付ければ、ストレスなく貯金を続けることができます

▼まずは当てはまっていないかチェック!お金が貯まらない人の特徴

□危機感がない、貯金しなければいけない状況・意識ではない

Photo by Thomas Northcut / DigitalVision

コレくらいなら~と、お金を貯めるという事をしなくても現状に危機感を感じていないと中々実行に移す事はできません

家計のことは妻(夫・親)がやってくれるから少しくらい使いすぎてもやりくりしてくれるだろう、きちんと貯めてくれているだろうと思っている

□財布がポイントカードやレシートでパンパン

Photo by Ryan McVay / Photodisc

レシートや明細でお財布がパンパン・・・という人は、お金の支出の管理ができていない証拠。週に一回でもレシートの整理をしてどのくらい使ったのかというのを把握するだけでも違ってきます

レシートが溜まっている人は、「お金を管理しよう」という気持ちからかもしれませんが、ほとんどの場合は突っ込んだまま捨ててしまう

貯められない人に限ってお金の管理が杜撰で、何にお金を使っているのか覚えていません。

□意外かもしれませんが「欲しいものがない・・・」は貯まらない

Photo by Tay Jnr / Photodisc

意外なことに欲しい物がない人は欲しい物がある人よりもお金がたまらないんだとか。欲しい物がある人は、欲しいものの為にお金を貯めようとしますが、欲しい物がない人は惰性で過ごしてしまうので小さな支出などが多くなってしまい結局手元にないという状況に・・・

「欲しくないわけではない」「安かったらほしい」という気持ちがあると、買えるタイミングになったら衝動的に買ってしまう危険もあります。これは高いものに限らず、ちょっとしたものにも当てはまりますから、お金の使い道へのこだわりが低い人は無駄遣いしてしまう可能性が高い

□小さな衝動買いが多い

Photo by Martin Poole / DigitalVision

100均で「100円だから♪」とポイポイ気になった物や話題になった物を入れて、結局使わなかった事ってありませんか?その分が無駄になっていますよ。小さなことが積もってあとで計算するとけっこうな額になっている事も

毎日数百円単位の小さな積み重ねというのは思っている以上に大きくてときには大きな買い物の毎月の返済よりも上回っていることが日常当たり前のように行われている

□お金がないと思われたくない!見栄っ張り

Photo by Digital Vision. / Photodisc

女性のカースト制が一時話題になりましたが、こういう意識はいつの時代もあるもの。周りと比べて「私も持っていないと!」と見栄を張ったり、男の人はプライドが高いので、お金がないのに後輩等に食事をおごったりして見栄の為にお金がなくなっているひとも少なくありません

お金が貯まらない人の特徴は見栄っ張りです。他人のことを気にしすぎる人はお金が貯まりせん。お金を貯めたいなら人並みの生活をやめてみましょう

服や小物、容姿にやたらとお金を使ったり、異性や後輩におごりまくったりと自分の身の丈に合わないお金の使い方をする可能性が高い

□クレジットがあればどうにかなるよね~♪等の楽観的タイプ

Photo by Image Source / DigitalVision

ポイントが付くカードも最近多いので、ポイントの為に支払いをクレジット払いにしている人もいるかもしれませんが、クレジットは懐から出て行く感じがあまりなく痛みを感じません。なので、ついつい支払いがかさむ傾向に。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう