1. まとめトップ
  2. 雑学

そうだったんだ…痛みに強い人と弱い人がいる理由をまとめてみた

頭痛、腹痛、歯痛…。痛いのって本当にイヤですよね。世の中にはどれくらいの種類の痛みがあるのだろう?そして、その痛みに強い人と弱い人がいるのはなぜだろう?それは脳が関係しているようなのでまとめてみました。

更新日: 2016年02月20日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
297 お気に入り 406090 view
お気に入り追加

▼痛いのはみんなキライだと思うけど…。

頭痛、腹痛、歯痛…。痛いのは嫌いー。でも、世の中にはどれくらいの種類の痛みがあるのだろう?

▼中には「大袈裟じゃない?」ってくらい痛がる人もいる!

痛くもないのに「痛っ!」って言ってしまうこともありますが、中には「そんなに痛い?ちょっと大袈裟じゃない?」ってほどに痛がる人も存在します。

▼でも、痛みに強い人と弱い人っていますよね。

▼痛いのは苦手です><

明日手術の麻酔の話を聞くと緊張ぱない。 今から心臓バクバク 怖すぎる。ほんとに。痛いの大の苦手。

▼痛みには強い方だと思う(゚∀゚*)

偏頭痛と緊張型頭痛を併発してたせいで群発性頭痛と同等の苦しみを味わっていた経験から痛みには強い

今年はすごい痛いという話をよく聞くけど、私、最後に予防接種したの高校受験の時だから、もうどれくらいが痛いのか、痛くないのか覚えてない。 でも痛みには割と強い方だから多分大丈夫。

▼特に女性は痛みに強いと言われています。

よく女性は男性に比べ、痛みに対して我慢強いといわれる

女性が痛みに強いのは、「神は乗り越えられる試練しか与えない」的にロストバージンや出産の痛みが用意されているから。

「女子会でグチを言い合う」「自分へのご褒美」など、適度に自分を甘やかし、痛みやショックをやわらげる“はけ口”を作るのが上手

男性は競争する生き物。心や体の痛みに弱いのに、常に「勝たなければならない」と思い込んでいるので、誰かに相談することもできず、ある日、突然ポキッとなってしまう

男性の方が痛みを感じても我慢してしまう傾向がある

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう