1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これはショック…SNSのプロフ画像は美しくても意味がないらしい

Facebookをはじめ、InstagramやTwitter、LINEなど、インターネット上で様々な交流が出来るSNS。どうせならプロフ画像も可愛くしておきたいですよね。でも、実はそれ、本人の魅力には影響しないようです。悲しくなるその理由をまとめてみました。

更新日: 2016年02月05日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
65 お気に入り 264927 view
お気に入り追加

▼SNSのプロフに乗せる写真にはこだわりたいですよね。

Facebookを始め、InstagramやTwitter、LINEなど、インターネット上で様々な交流ができるSNS。
どうせならプロフ画像も可愛くしておきたい!

芸能人のみならず一般人の間でもブログや SNS に自撮り写真を載せる人が急増し、一種の社会現象にまでなっている。

プロフィールに使うアイコン画像は、自分の印象をかなり左右する

▼だから、自撮りだって頑張っちゃうもんね!

思いがけないロマンスに発展…なんてことだってないとはいえない

▼でも、自撮りって難しいし、気に入らないことも多い( ノД`)

▼そのため、何度も撮ったり、加工する人も多い。

何度も撮って、さらに加工する!!!
ほとんどが「美白」「肌を明るく」「目を大きく」すると言う意見でした。

毎日平均で3枚の自撮り写真を撮影し、1枚に16分、1日平均では48分間を費やしている

自分の容姿的欠陥が写らないよう何度もカメラの角度やポーズを変えて、何時間でも写真を取り続ける

プロフィール写真の4割が画像処理されていることが判明しました。世代ごとに見ると、20代、40代が4割超え。30代も4割近く。

▼…でも残念!その写真、実は本人の魅力と関係しないみたい!

写真と実物は違うだろうと言う意識が働くのか必ずしも写真が魅力の評価に影響しないみたい。

▼最近は男性も「盛ってる写真」だと分かるんだとか。。。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう