1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全米の歌姫・ナタリー・コールさん死去に悲しみの声が広がっている

米有名ジャズ歌手の故ナット・キング・コールさんの娘で、アメリカを代表する女性歌手ナタリー・コールさんが12月31日、米ロサンゼルスの病院で死去しました。

更新日: 2016年01月02日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 111352 view
お気に入り追加

●米人気女性歌手・ナタリー・コールさんが死去

米有名ジャズ歌手の故ナット・キング・コールさんの娘で、グラミー賞歌手のナタリー・コールさん

病院にて「長年の健康問題による様々な要因が重なった結果」亡くなったと、遺族が発表した。

●コールさんは、75年デビュー曲「This Will Be」が大ヒット

コールさんは1950年、ロサンゼルスで生まれ、75年のデビュー曲「ジス・ウィル・ビー」が大ヒット。

26歳の時にグラミー賞の最優秀新人賞などを受賞しました。

・76年には、東京音楽祭出場でグランプリを獲得

苦労して成功を収めた同世代のアーティストの多くとは異なり、ロサンジェルスで比較的裕福に育った。

・その後、薬物依存症で活動停止した時期もあったという

R&Bの歌手としてデビューしたコールさんはジャズにも取り組むなど、音楽の幅を広げていきますが、

薬物依存症で活動を停止した時期もあったが、88年にブルース・スプリングスティーンのカバー曲「ピンク・キャデラック」で復活。

・91年には、父とデュエットしたアルバム「Unforgettable 」が記録的ヒット

65年に死去した父の曲をカバーした91年のアルバム「アンフォゲッタブル」で、

父との「共演」を果たしたことが大きな話題を呼び、グラミー賞の最優秀レコード賞など6部門を受賞

・2013年には、5年ぶりの新作「Natalie Cole en Espanol」をリリース

2011年にはトニー・ベネットのグラミー授賞作『Duets II』に参加、2013年には5年ぶりの新作『Natalie Cole en Espanol』をリリース

・一方で、2008年7月にC型肝炎や腎臓の病気も発表していた

2000年に出版された自伝「エンジェル・オン・マイ・ショルダー(Angel on My Shoulder)」では、父親、そしてプールで溺死した息子の死後にうつを患ったことを告白。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう