1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大晦日は何見た?いろいろ話題だった年末の視聴率を発表!

2015年、大晦日。各局ではいろいろと話題のある番組が放送されていました。そして、このほど年末の視聴率が発表されまいた。どんな結果になったのでしょう?

更新日: 2016年01月03日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 257925 view
お気に入り追加

◆紅白歌合戦は視聴率で苦戦していた

大みそかに放送された「第66回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表

第2部は2007年の39・5%以来の40%割れとなり、2部制となった1989年以降、最低だった04年の39・3%を下回った。

裏番組との兼ね合いや視聴方法の変化も要因にあるが、多くの音楽関係者は「脱却したはずのマンネリが別の角度から出た」と指摘する。

◆放送では綾瀬はるかの司会や、サプライズ演出など話題となっていた

司会は紅組が2013年以来2年ぶり2回目の綾瀬はるか、白組はV6の井ノ原快彦が初めて担当。

今回の紅白では、3月末にグループを卒業するAKB48高橋みなみの花道を盛り上げるため、卒業生の前田敦子と大島優子がサプライズ登場。

パフォーマンスがおなじみのゴールデンボンバーは樽美酒研二(35)が「大相撲紅白場所」で豪快に審査員のピース・又吉直樹(35)を投げ飛ばした。

◆民放では「ガキ使」が視聴率6年連続のトップ!

第1部(後6:30~9:00)17.6%、第2部(後9:00~深24:30)15.3%だった

◆SMAPの中居正広が参戦し、大きな反響があった

スタート直後、SMAPの中居正広(43)が同シリーズ史上初となるゲストプレーヤーとして参戦し、笑いに耐える一方で笑いを振りまくポジションに挑んだ。

Twitterでは、「中居きたあああああああ」「豪華すぎ」「今回のガキ使すごいな」と大きな反響があった。

「ど根性ガエル」の京子ちゃんに扮したおかずクラブ・オカリナが乱入。余命1ヶ月しかないと言うと、「生きる活力をもらう」ためとして中居にキスを所望。

中居がしぶしぶ応じると、オカリナにがっつり食いつかれてしまう。終わったときには中居がぐったりしていたのだった。

◆ジャニーズのカウントダウンライブはファン待望の復活で好評だった

ジャニーズ恒例の年越しライブが2年ぶりにフジテレビで中継復活!

「史上最多の大集合!ジャニーズ年越し生放送」(後11・45~深夜0・45)の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、12・5%を記録した。

紅白にも出場した嵐が司会を務め、冒頭から出演メンバーを紹介するなど、フル回転した。

“Jカウコン”は、98年からフジテレビが生中継。昨年は編成の都合で中継がなく、前回(2013年大みそか)の中継は9・4%だった。ファン待望の復活だったことが、数字に表れた形となった。

◆「KYOKUGEN」では現役復帰した魔裟斗と山本KIDとの11年ぶりの再戦が話題に

1 2





CloverSさん



  • 話題の動画をまとめよう