1. まとめトップ
  2. 雑学

キモ可愛い!? みんなの顔に蠢く『ニキビダニ』の真実

ほぼ全ての人の顔に棲んでいる「ニキビダニ」。肛門を持たず、約2週間の寿命を終えると体内に溜め込んだバクテリアを顔面にぶち撒けるという…。

更新日: 2016年01月03日

67 お気に入り 201087 view
お気に入り追加

誰の顔にも潜んでいる、ニキビダニ(顔ダニ)とは

学名:Demodex folliculorum

哺乳類の皮膚の様々な分泌腺に寄生するダニ。
肉眼では見えないほど小さい。

どんなに虫が嫌いで、除菌しようが洗顔しようが、確実に、全ての種の哺乳類の皮膚の様々な分泌腺に寄生するという顔ダニ(ニキビダニ)。

ヒトでは特に顔面で皮脂腺が発達しており、顔における寄生密度が高いので「顔ダニ」とも俗称され、学名をかな書きしたデモデクスの名でも呼ばれることがある。

顔ダニの大きさは0.1~0.4ミリ程で肉眼では見えません。

外見はイモ虫のような形で、太く短い足が特徴的です。

ヒトの、主に顔の部分の寄生率は100%に近く、誰の皮膚にも生息しているといえます。

新生児を除く、ほぼ全ての人の顔にこのダニは存在しています。

にきびの内部から多数検出されることがあるが、必ずしもにきびに寄生するわけではなく、健康な皮膚から普通に検出される。

ニキビダニの生態

電子顕微鏡でみた拡大画像。

小さなクモのようなこの生物は人間の皮膚を好み、毛穴にそのチューブ状の体を潜ませて油脂や皮膚細胞、バクテリアを食べて生きている。

正確には、大きく分けて、毛包の入り口付近に住むニキビダニ(Demodex folliculorum)と、奥のほうに住むコニキビダニ(Demodex brevis)の2種類が存在しています。

卵から幼虫、第1若虫、第2若虫を経て、合計3回の脱皮で成虫になります。 それぞれの期間は卵が60時間、幼虫が36時間、第1若虫が72時間、第2若虫が60時間、そして成虫の寿命が120時間といわれ、産卵から死ぬまでの寿命は約14日ほどと推定されています。

顔ダニのメスは一度に25個程度の卵を人の毛嚢内に産みつけ、成長するまでそれらを保護する。そして卵が成体になると今度はまた新しい卵を生むための毛穴を捜しに行くのである。

全ての種の哺乳類に、特異的に種分化したニキビダニが寄生していると考えられており、しかもヒトで2種のニキビダニが異なる部位に寄生するように、皮膚の上の異なる種類の分泌腺ごとに種分化が起きていることもあるため、少なくとも5千種以上の種が存在すると考えられている。

ニキビダニは生まれたばかりの新生児には見られず、頬ずりや授乳などの接触により伝わるもので、年齢を重ねるごとに寄生率が上がると言われています。

このダニは汗腺の中で数日潜んでから死ぬと、たくわえていたバクテリアをまき散らす。ダニは肛門を持っておらず、排泄物は死ぬまでその体に蓄えられ、死ぬと排出される

顔ダニが特に好むのは脂質肌な人、また特に女性では毎日の化粧が濃い人、化粧をきちんと落とさない不潔な人の顔面であるという。

皮脂を食料にしているため、皮脂が多い人から多く検出されるそうです。

その姿がキモ可愛いと話題に

肛門がないため、食べたものはすべて体に蓄えられる。

ニキビダニじゃないかと言われて調べた結果、わしはこんなこと知りとうなかった…!!って縮こまってる

人間の毛穴に寄生してるニキビダニの動画見たけど普通にキモかった

よく好きな子の側で見守る壁になりたいとか床になりたいとか空気になりたいとか聞くけど自分は相当図々しいので顔ダニになりたいです。

人の顔に 100 万匹の顔ダニが生息していると知ってから、僕はひとりじゃないんだと強く思えるようになった。

ニキビダニは害虫、というわけではないらしい

毛穴に潜むニキビダニ。

あまり気持ちの良いものではないと思いますが、このニキビダニ、皮膚上の余分な皮脂や皮質を食べてくれるので、皮膚を清潔に保つためになくてはならない存在なのです。

通常、このニキビダニが悪さをすることはないと言われています。

顔ダニは、人間の皮脂腺から分泌される「皮脂が餌」です。余分な皮脂を分解してくれるダニが肌に寄生していることで、皮脂バランスの状態を適度に保つことができるのです。

ということは、美容に貢献しているんですね。ただ、疲労やストレスなどにより免疫力が低下すると、皮脂のバランスが崩れてしまい、顔ダニが大量発生して、肌荒れを起こすこともあるので気をつけましょう。

過剰に心配する必要はありませんが、副腎皮質ステロイド剤を顔面に外用したり、免疫不全を生じる疾患に罹るなどして皮脂のバランスが崩れると急速に増殖することが知られています。

著しい多数個体のニキビダニがにきびに寄生していた場合、そうした寄生密度の高さがにきびをもたらしたのか、ニキビダニ密度の上昇に先行する、にきびを引き起こす何らかの病変が寄生密度の高さをもたらしたのかを検証することは困難である。

ニキビダニが増殖したから肌荒れしたのか、先に肌荒れの原因となる何らかの細菌などがあったのかは詳しく分かっていません。

顔ダニを完全にゼロにする必要はありませんが、その数、活動を抑制し、キレイを手にすることは可能です。
顔ダニを増殖させないためには、きちんとメイクを落とし、洗顔をし、過度なお手入れをやめることです。

このダニが直接の原因となってにきびが出来るわけではないとも言われています。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう