1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

知る人ぞ知る日本の元祖ポテチ「フラ印」がウマすぎる!

初めて日本で発売されたポテトチップスで、今もなお現役。売っているお店が少ないので知名度も低いけど、とっても美味しい「フラ印」のポテトチップス。美味しすぎて手が止まりません。

更新日: 2016年01月06日

270 お気に入り 95445 view
お気に入り追加

知る人ぞ知るポテチのブランド「フラ印」

ちなみにコレが、フラ印のポテトチップスねっ♪私、ポテチは、コレしか食べません! このポテトチップス、映画 脳男で、松雪さんのお母さまがバリバリと食べるシーンに登場してた!で、めっちゃ美味しいの。 お正月くらいは、ガッツリ食べるんだ‼ pic.twitter.com/zafq0rVSHY

年末年始のおやつにフラ印のポテトチップを大人買い。もりもり食べてやるのだ。

世界一おいしいらしい500円ポテチより個人的にフラ印ポテチのほうが美味しい

フラ印のカイソルトの満足度は異常。 今年だけで20袋は食べた。

日本初のポテトチップス

由緒正しきポテトチップス、それが「フラ印」。
このレトロ感あふれるパッケージが目印です。

日本で初めてポテチをつくったのは、フラ印のポテトチップです。

ポテトチップス自体は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガスプリングのレストラン Moon Lake Lodge のシェフ、ジョージ・クラム (George Crum) によって1853年8月24日に発明された、という説が有力です。

カルビー、湖池屋、プリングルス、やまよしetc・・と、国内にはポテトチップのメーカーは数あるのですが、日本で一番最初に発売されたポテトチップスはこの「フラ印」でありました。何と昭和22年発売。

「フラ印」ブランドのポテトチップスは、日本で初めて製造・販売されたポテトチップス。

ロングセラー商品「湖池屋ポテトチップス」の発売が昭和37年だそうですから、その歴史には驚くべきものがあります。

表はマウナ・ケア山を背にフラダンスを踊るお姉さん、裏はハワイ諸島のマップという独特なセンスで構成されたパッケージ。

この独特のパッケージも発売当初のものが現在もそのまま使われているのだそうです。

【日本のポテトチップスの元祖は?】 昭和20年代から発売した「フラ印」のポテトチップス。当初は米軍に収められていたが、食の欧米化とともに広がった。 pic.twitter.com/nuiAWUYNP9

フラ印ポテチって最近輸入されたのかと思ってたらあれが日本初ポテチなのかー!

何故「フラ印」かというと、創業者がハワイの日系アメリカ人だったからだそうです。

“日本のポテトチップスの生みの親” 濱田氏の人生

1911年(明治44年)和歌山県生まれ。
日本のポテトチップスの生みの親。

終戦後、ハワイから帰国し、故郷で数年過ごした後、上京しました。当時の食糧事情のひどさに、驚き、ハワイにいる時に作り方を覚えたポテトチップスを製造・販売する会社の設立に努力しました。

会社設立の際、銀行に何度も融資の相談に行き、「君の健康な体を担保にお金を貸す」という、今では考えられない条件でスタートを切ったそうです。

1950年に牛込納戸町に小規模バッチ式手揚げの「アメリカン・ポテトチップ」と言う工場を建て、『フラじるし』のチップをつくった。

当時は35g入りで36円(アメリカドル換算当時で10セント)でした。

昭和20年代のアメリカン・ポテトチップスを設立した当初は、顧客といえばアメリカ軍のキャンプぐらいで中々一般市場では普及しなかったそうです。

当時の日本人にとっては、ポテトチップスのどこがおいしいのかと見向きもされませんでした。

しかし朝鮮戦争の終結とドル防衛策の影響から方向転換をせまられ、浜田社長は帝国ホテルに最高のものを納める外、各地のビヤホールなどを回って、宣伝に努めたため、まもなく順調に売れるようになりました。

昭和30年代は高度成長経済と食の欧米化の波にも乗り、ポテトチップスもスナックとして多くの日本人に知られるようになります。

忘れてはならないのこととして、ポテトチップスの製法を多くの方に教え、その方々がポテトチップスを販売することで広く普及しました。

そして現在、ポテトチップスは大人から子供までに好かれるスナック菓子として国民的な人気を得ているのは周知のとおりです。

なお、濱田さんは日本ハワイ協会の設立に参加してハワイとの交流に尽力したり、外国出身の関取である高見山を日本に紹介した人でもあります。アメリカンポテトチップ社はその後、解散。「フラ印」のブランドは株式会社ソシオ工房に買い取られた。

濱田氏が設立したアメリカンポテトチップス社は2006年に解散。
現在、「フラ印」ブランドのポテトチップスは株式会社ソシオ工房から販売されています。

肝心のお味は?

上段左より:
うすしお味
のりしお味
スモーキーバベキュー味

下段左より:
マウイチップス ハワイアンサワークリーム味
マウイチップス カイ(海)ソルト味

肝心の味はといいますと、ジャガイモの風味がしっかりしていて非常に美味しいです。

カルビーや湖池屋に比べると、やや薄めの味付けです。ただし絶妙な濃さの味付けで、濃すぎず薄すぎず、手が止まらなくなります。

元祖ポテトチップスなのですが、味はいつも食べてるポテトチップスとほぼ同じ感じ
塩と、昆布エキスパウダーで味付けされたシンプルな味で、パリパリととても美味しい

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう