1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

明日夜は流星群☆今年は天体ショーな1年です(゚∀゚)

意外と知られてないお正月明けの「しぶんぎ座流星群」。その他にも2016年はたくさんの天体ショーがあるみたい☆

更新日: 2016年01月03日

pintandaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
689 お気に入り 108260 view
お気に入り追加

明日4日(月)夜に流星群がやってきます!

三大流星群のひとつである「しぶんぎ座流星群」が1月4日、出現のピークを迎える

【しぶんぎ座流星群とは・・・】
8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とならぶ3大流星群の一つで、毎年正月明けにピークを迎える

※「しぶんぎ座」という星座は現在は存在しないが、かつて「へきめんしぶんぎ座」という星座があったことからこの名前に

しぶんぎ座流星群の極大は1月4日午後5時ごろで、空の条件のよい所で4日未明ごろには1時間あたり15個程度の流れ星が見られそう

ポイントとして、しぶんぎ座流星群はピーク時に一気に流れ、それ以外の時間はあまり流れないという傾向がある

※流星は四方八方に流れるので、出現位置という意味ではどこでも構わない

【西日本から東日本:◯】
高気圧の圏内のため、関東や東海、近畿など、星空を見られる所が多そう

【北陸から北海道:☓】
北陸から北のエリアは、弱い前線や歓喜の影響で日本海側ほど雲が広がりやすく、流星観測は難しそう

【観測チャンス】2016年最初の天体ショーは「しぶんぎ座流星群」 news.livedoor.com/article/detail… 放射点は北極星や北斗七星の周辺で、4日と5日の未明から明け方にかけてが狙い目です。 pic.twitter.com/MfCZLKc3dC

こちらがしぶんぎ座流星群を狙って昨夜、連続撮影した内の一コマ。 魚眼並みの広角ですが、四角のところを強拡大すると・・・ #シンデレラの観測会 #アイマス天文部 pic.twitter.com/PV8tSNwM0x

早くも観察してる人も

今年は他にも、天体ショーが続く注目の年に

今年のうちで、月がもっとも地球に近づいたタイミングでスーパームーンになるのが11月14日

φ(..)メモメモ

今年は月と地球の距離がぐっと縮まって、なんと68年ぶりの近さに!名づけるとしたら「ウルトラスーパームーン」という感じ

\ウルトラスーパームーン/

昨年のスーパームーンは9月と今年は11月なので気温も下がり空気も乾燥するので、より月がくっきりと見えそう

4年ぶり!3月には全国で「部分日食」が

前回の2012年の金環日食の時みたいに盛り上がりそう

3月9日は全国で日食が見られます!
前回見られたのは、日本中で注目の的となった2012年5月の金環日食で約4年ぶりの日食となる

【なぜ部分日食なの?】
この日食は日本のはるか南で起こる皆既日食によるもので、昼の11時をはさんでピークとなる箇所が多くなる

※皆既食が見られるのはインドネシアや北太平洋

皆既帯が日本列島に平行に走るので、日本全国で同じような欠け方をする

2年の周期が今年。5月には火星が接近

火星と地球は約2年2か月ごとに近づく。これを「火星接近」

今年5月31日午前7時には地球に火星が最接近します!

※今回は大接近まではいかないが、中接近する

火星の近くにはさそり座の1等星・アンタレスや土星も輝き、星たちのコラボにうっとりすること間違いナシ

今年はペルセウス座流星群が好条件

1 2





pintandaさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう