1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

27歳の"給水係"が走る…今年の箱根駅伝も数多くのドラマがあった

毎年数多くの感動を生み出している箱根駅伝ですが、今年も数多くのドラマが選手たちによって生み出されていました。27歳という年齢で箱根の舞台に立つという夢をかなえた選手、"夜間の星"として走った選手、重圧に苦しみ続けた山の神…。そんなドラマの一部をまとめてみました。

更新日: 2016年01月05日

173 お気に入り 329711 view
お気に入り追加

青学が2年連続の総合優勝…順大が3年ぶりにシード校に復帰

特に注目されるのは順天堂大の最年長選手である小盛玄佑さんの"激走"です。小盛さんは高校卒業後に経済的な事情から進学をあきらめて就職、地元広島の日新製鋼に勤務していました。

しかし、「箱根で走りたい」という思いを捨てることは出来ず、12年に順天堂大に入学、その後も怪我に苦しめられながら懸命にトレーニングを積んできたと言います。

そして数年越しの思いは給水係という形で実現しました。わずか数十メートルながら箱根で走るという夢をかなえたのです。

この他にも数多くのドラマが生まれた箱根ですが、その一部をまとめてみました。

第92回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109.6キロで行われ、青学大が2年連続の総合優勝を果たした

全日本大学駅伝覇者の東洋大が7分11秒遅れで総合2位となり、さらに3分24秒差で駒大が3位。名門・早大が往路5位から順位を上げ、総合4位に食い込んだ

総合5位は東海大、6位順大、7位日体大、8位山梨学院大、9位中央学院大、10位帝京大で、ここまでの10校がシード権を獲得

その順大に水と共に走った"昭和最後の男"がいた

西条中1年から陸上を始める。高校卒業後は経済的な理由から日新製鋼に入社し、広島・呉製鉄所で勤務。
2012年、「箱根で走りたい」との思いを抱き、23歳で順大スポーツ健康科学部に入学した。
今年の箱根を代表する苦労人である。

15キロ地点で「年上だけど仲良しなので、お願いした」という給水係が待っていた。学生陸上界では“昭和最後の男”小盛玄佑(4年)だ。

名門、世羅高出身。06年、3年時の全国高校駅伝では2区(区間23位)を走り、優勝メンバーの一員となった。

卒業後、地元、広島の日新製鋼に入社。平日は午前9時から午後5時20分まで工場で働き、午後6時30分から走っていた。

高校卒業から5年目。会社を辞め、大学に進学する決意を固めた。10月に休みを利用して上京し、順大のスポーツ推薦入試を受けた。

走った距離は僅かに30メートル…しかし素晴らしい思い出になった

4月。“5年遅れ”で、ついに順大の門をくぐった。社会人時代にコツコツと貯金した約500万円で学費を払い、生活費は奨学金で賄っている。親から経済的な援助を受けていない“大人”のランナーだ

故障に苦しみ、27歳になって迎えた夢の舞台で走れた距離は、わずか約30メートル。

「全て出し切っての区間5位。そしてシード獲得に感動した」。小盛は仲間とともに3年ぶりに味わう喜びに浸った。

人一倍強い思いで追いかけた夢はかなわなかったが、4年間の学生生活は大きな宝物だ。今後は体育教員を目指し、新たなスタートを切る。

ロケットは不発も…東洋大"夜間の星"口町亮が懸命に走る

埼玉県川口市出身の21歳。
市川口高3年時に高校総体5000メートル、3000メートル障害に出場。
出雲駅伝4区区間賞、全日本大学駅伝3区区間賞。

2年ぶりの総合優勝を狙った東洋大にとって、青学大の背中は果てしなく遠かった。3分4秒差の2位からスタート。追い上げのトップバッターは爆発力のある口町(3年)だった。

陸上を始めたきっかけは小学1年のとき。学校で校庭を1周走るごとにもらえるシール欲しさに走り続け、持久走では校内1位になった。

市立川口高(埼玉)時代に全国高校総体に出場するも、結果は予選落ち。第1志望にしていた東洋大のスポーツ推薦入学はかなわなかった。

それでも鉄紺のユニホームに袖を通す夢は諦めなかった。他大学に進学することなく、イブニングコースの法学部法律学科に入学。

残念ながら持ち前の爆発力は発揮されなかった

残念ながら持ち前の爆発力は発揮されず、「口町ロケット」は不発であった。

平日の午前は5時10分集合の全体で行う朝練習に合わせて起床し、7時ごろまで走る。朝食後、授業のない学生らと少人数で10時から約2時間、メーンの練習に取り組む。

授業に出るために午後は4時に川越市の寮を出発。文京区の白山キャンパスで6時15分から9時25分まで勉学に励む。11時すぎに帰宅して入浴、就寝と息つく暇はない

ところが出雲、全日本で区間賞を獲得した“口町ロケット”が不発。「下りに入ってうまくリズムに乗れなかった」と59分41秒で区間4位にとどまる

1 2 3





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう