1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コワすぎ…。韓国の飛行機が、半ドアのまま飛んでた

飛行機が半ドアのままで、飛んだらこんなに危ないんだって…。

更新日: 2016年01月05日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 148373 view
お気に入り追加

フィリピン・セブ発釜山行きの韓国の格安航空会社(LCC)が、完全にドアが閉まっていなかったとみられる状態で飛行、引き返した

飛行機は、開口部にドアがぴったりと押し付けられることで、気密性が高く保たれるようになっている

約3000メートル上空で、半ドアのまま飛んでた…

飛行中に風が流れ込む音が、機内でしたことから半ドアとわかった

前方左側のドアの開閉部分に手の指が入るほどの隙間が開いていた

高度3000メートルで、そんなにドアにすき間ができるなんて。。。

ドアに何かが挟まり隙間ができたとみており、機体の整備状況などを調べている

半ドアで飛ぶと、こんなヤバイ状況になることも

そんなとき、もし半ドアから完全に開いてしまったら?

外と気圧が大きく違うため機内には、すごい勢いの「風」が吹き込んできます!

だからドアが開いて、機内と外の世界がつながれば、機内の環境や、機体にダメージを与えるなど、大きな事故につながる

たとえドアが開いてしまったとしても、飛行機に問題がでないようにはなってるそう。

ドアが完全に閉じていないか、完全にロックされていない場合は乗務員に知らせる警告灯が操縦室に設置されている

もしドアが開いてしまったら、すぐに機内の圧力を下げて、その後に各座席上から酸素マスクが降りてくる

そのため今回の半ドアのケースでも、酸素マスクが降りてきたそう。

実は、半ドア騒動はこれまでも起きていた

外から整備士さんが、外側ハンドルを回して完全にロックしないといけないのだけれど…。

通常は、旅客機が空港にいるときにドアの開閉を行うのは、機外にいる地上スタッフの役割

航空ファンが撮影した写真に、前方扉の外側ハンドルが十分に閉まっていないまま飛び立った中国の航空機の機体が写っていた

乗客が、非常扉を開けちゃうことも…

座席に座った乗客が、バスの握り手を握るように窓のノブをつかんだところ、思いがけず非常扉が開いてしまった

空港で乗客が離陸直前、非常扉を開けてしまい「飛行機に乗るのは生まれて初めてで、新鮮な空気を取り入れようとした」と語った

上空で「ドア」開けようとする人が、海外にはいるらしい。

1 2





loadtypeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう