1. まとめトップ
  2. カラダ

白湯にちょい足しするだけで色んな効果が期待できる

ちょい足しするだけでいいので簡単でやりやすいですね

更新日: 2016年01月05日

goodcat773さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1402 お気に入り 210963 view
お気に入り追加

最近流行りの「白湯」

お手軽な健康法として人気の「白湯」。腸の働きを整えスムーズなお通じに役立つ飲み物と言われています。

最近は色んなものをちょい足しするのが流行ってるんだそう

取り入れている方も多いかと思いますが、より美容効果を得るためのちょい足しレシピをご紹介したいと思います。

レモンをちょい足しするのが◎

レモン白湯ならおいしくて飲みやすいし、白湯のいろいろな効能をさらにアップさせてくれるってことで、今大人気になってるんです♪

白湯は血行が良くなるから肌がどんどんキレイになるし、レモンは美容に欠かせないビタミンCをたっぷり含んでるから肌トラブルに良いんです。

ビタミン不足の方には特におすすめ。甘みはありませんが、ホットレモネードのような味わいに。

便秘にはオリーブオイルがおすすめ

オリーブオイルを入れた白湯は、何も入れない白湯より温度が下がりにくいため内臓を温める効果が期待できます。

“オレイン酸”という小腸で吸収されず、大腸まで届く脂肪酸が、ほかの食用油よりも多く含まれているため、溜まってしまった便のすべりをスムーズにしてくれるのです。

ダイエットならココナッツオイル!

他のオイルとは違い、動物性脂肪の燃焼を助ける作用があります。ドリンクにちょい足しするだけでも体脂肪減少に効果が!

冷えにはジンジャーパウダー

パウダータイプを買っておくと毎回すりおろしたりしなくていいので楽です

冷えの強い方は「ジンジャーパウダー」(しょうがの粉末)などを溶かして入れる方法もあります。

分量は白湯50 m に対して、ドライジンジャーパウダーをティースプーン1/4程度です。

生姜を加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーは、胃腸の血流を高めて身体を温める働きがあります。

色んな味を試してみよう

白湯はとにかくゆっくり飲むっていうのが最大のポイント。ゆっくり飲むことで胃の中から全身が温まり、体温の上昇とともに新陳代謝を高めることができるんです。

食事中や食間(食後の約2時間後)などに、1日カップ4杯くらいを目安に飲むと頑固な便秘が改善するのだとか。

体温の低い朝一に白湯を飲めば、体温が上がり、寝ていた内臓も活発に動き出します。

1





goodcat773さん

気になったことを随時まとめて行きます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう