1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

復活した“恋から”のエピソードが今聞いても強烈だった件

5日に放送されたさんま御殿の中で、2011年に終了した人気番組『恋のから騒ぎ』が一夜限りの復活をはたした。何年経っても色あせない強烈キャラ達の恋愛エピソードにネット大盛り上がりw

更新日: 2016年01月06日

tyanndaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
78 お気に入り 208100 view
お気に入り追加

■5日放送のさんま御殿で一夜限りの復活を遂げた恋のから騒ぎ

今日の恋から復活SPめっちゃ面白い!! 懐かしいねぇから♪(*´∀`) 小林まやちゃん今でもあんまり変わってないなーw pic.twitter.com/P6NNrAEv8W

一般の素人さんが出演して恋愛トークを繰り広げていたバラエティ番組の”恋のから騒ぎ”

1月5日放送の「超踊る!さんま御殿!!恋のから騒ぎ大復活!新春4時間初笑いSP」で懐かしのメンバーが大集合した

懐かしすぎた…!

恋のから騒ぎが懐かしすぎてテレビの前から離れられない現象

昨日恋のから騒ぎ出身者たちがテレビ出てたのだけど、美人で男に貢がせて自慢してた高飛車キャラの人たちはアラフォーになっても独身だけど男運のない不幸キャラとか雑に扱われてたおデブさんとかは結婚して子どもいたりして、久しぶりに「神様っているのかも」と思えた

出演者達のその後の人生に注目が集まった

■長年続いていた番組だけに、みんな思い入れがあるみたい

1994年にはじまり、2011年まで続いた恋のから騒ぎは、女性たちは1年ごとの期性制度をとって入れ替えしていた

第1期で当時客室乗務員だった島田律子がタレントに転身し、女子大生だった小倉弘子がTBSアナウンサーになるなどいきなりテレビ界への登竜門的存在に。その後も女医タレントの西川史子や小林麻耶小林麻央姉妹らを輩出した

恋のから騒ぎは偉大だったww あれは、今見るとバイブルだね

恋のから騒ぎ、めちゃくちゃなつかしい。夜中家に帰ってきて、ひとり暮らしの寂しさを埋める、貴重な番組でした。

学校へ行こうもそうだが、恋のから騒ぎも、小学校高学年の男子の女への志向性を賦活する番組だった

十代の頃、恋のから騒ぎに出るのが夢だったなぁ。結局、申し込みもしなかったけど。そしたら大学の後輩がいつの間にか出演してて、うちのサークルのどうしようもない男たちの話を開陳してた。

■スタジオには懐かしのメンバーが揃い、過去の映像を振り返った

みさえと宝満だよ(≧∇≦)この2人はから騒ぎのツートップだよ(≧∇≦) pic.twitter.com/OFGMuC9H4i

「強烈な個性」を放ってまさに「恋からの伝説」となった元メンバーらも今回のさんま御殿に出演

恋のから騒ぎなつかしいメンバーがでてる。今までペンネームの由来聞かれて、テキトーに付けた。と言っていたけど、ほんとは、みさえと呼ばれてたこの人からいただいたのです(笑) pic.twitter.com/eqliap2MbE

から騒ぎ懐かしい!毎週観てたなぁ。彦六師匠、みさえ、宝満とか懐かしい(笑)小林麻耶変わらないなぁ。。 pic.twitter.com/uzpiQsZqWf

▼過去の映像にも時代を感じたw

恋からはこの娘が好きだったなぁ。 って……今キム兄さんの奥さんかい!!www pic.twitter.com/z9a6Ta0m7F

何気なく見た「恋から」同窓会懐かしかった。 それにしても京唄子、参考にしたいトークNo.1ですな!強気でも弱気でもなく、自慢でも不幸自慢でもない平熱の笑い。 pic.twitter.com/pvoOSPkK3b

■中でも一番盛り上がったのが、伝説と呼ばれたこの人のエピソード

@madomado1 なんか、さんまさんも「この子は凄いよ」って言ってたけど本当あの時凄かったよなぁ〜宝満まどかフィーバーみたいなΣ(・□・;) なんか、おしとやかやん( ̄▽ ̄) はい、スクショ(笑) pic.twitter.com/TShOeAl0Yp

8期でMVPを獲得した宝満まどかさん

さんまさん自身もから騒ぎの歴史上では一番、これまでのメンバーの中で断トツに面白かったとコメントしていた

1 2





tyanndaiさん



  • 話題の動画をまとめよう