1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カモに最適…貧困女子をねらう悪徳ビジネスの実態

これはひどい。。

更新日: 2016年01月07日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
78 お気に入り 141476 view
お気に入り追加

貧困女子につけこむ悪魔が急増中

「最貧困女子」「失職女子」「高学歴女子の貧困」。数年前から「女子」と「貧困」を組合せたフレーズをよく見かけるようになった。

そんな1人で生きることに不安を覚える彼女たちの弱い部分につけ込む、悪質なビジネスが増えているという。

貧困女子を食い物にする「資格商法」

資格をとって自信をつけたい…などの欲求につけ入った悪徳ビジネス

貧困女子の存在が社会問題化する中、彼女らを食い物にする資格ビジネスがのさばっている。

就職に不安を抱える女性を食い物にし、暴利をむさぼっているのが悪徳資格商法業者だ。

また、実在する資格や技能の類似名称(カタカナ名にしたりする)を付けた、実際には全く無価値な資格の取得を促す悪質極まりない業者も横行している。

勧誘手口もかなり悪質!!

出会い系サイトに登録している女性はフリーターや無職の方が多い傾向にあり、お金に困っている女性が多いので、そこを狙われている。

「食事をおごってくれるんだったら、まあ会っても良いかな…」と女性の警戒心をゆるめてくれるワンクッション効果もあるという。

また、勧誘営業員はイケメンで固め、デート商法に近く、対面営業に持ち込めば勝ったも同然という。

お金を奪う方法もかなりヒドイ。。

「年収が低くてローン組めない女も多いんで、クレジットカード持ってるなら、ショッピング枠で金券買わせて、換金して払わせる。」

「カードのない女には『信販会社を紹介する』って言って契約書を書かせ、○○ファイナンスみたいな名義から、そのコの銀行口座に現金を振り込んじゃう。つまり押し貸しの闇金」

特定商取引法によって指定された取引類型によっては中途解約やクーリングオフをすることもできるが、実際に支払ったお金を取り戻すのは難しいという。

騙されないためにはどうしたらいいのか

「重要なのは契約時に説明を鵜呑みにせず慎重に契約内容を検討すること。契約者本人が印鑑を押さなくても、契約が成立してしまう場合もある。言葉巧みに迫られても、簡単に承諾しないようにする」

「当社の教材を使えば絶対合格します!」「受講するだけで資格が取れます!」などといった甘いセールストークにも注意が必要だ。

騙されない為には、少しでも不安や疑問に思うのであれば、誰か信用の出来る人に相談したり、警察などに相談するという事も大切だ。

1





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう