1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

実はiPhoneのバッテリーは無料で交換できるって知ってた?

iPhoneを長い間使ってると持ちが悪くなるバッテリー。実はある条件を満たせば無料で交換してもらうことができます。

更新日: 2016年01月07日

nogy46さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
312 お気に入り 72381 view
お気に入り追加

■iPhoneの電池の持ちが悪くなってませんか?

気のせいではありません。バッテリーは使えば使うほど劣化していきます。

■実は、ある条件を満たせばバッテリーを無料で交換できる

お客様の iPhone が製品保証期間内の場合や、AppleCare+ にご加入いただいている場合は、バッテリーが本来の容量の 80% 未満しか維持できなくなった時点でバッテリーを無償交換させていただきます。

2013年9月9日から2015年4月9日までに購入した場合は50%、2015年4月9日以降に購入した場合は80%がバッテリー無償交換の基準

50%や80%というのは、フル充電しても実際は購入した時の50%、あるいは80%しかチャージできていないという意味です。

iPhone購入後1年間、Apple Care+加入者であれば購入後2年間(AppleCare+加入後ではなくiPhone購入後)は、この条件を満たせば無償交換できます。

■バッテリーの劣化状態の調べ方

診断プログラムを利用する場合

ここから、「iPhone」→「バッテリー、電源、および充電」→「バッテリーに関する質問/トラブルシューティング」に進みます。

メールアドレスを入力すると、そのアドレス宛に「iOS診断プログラム」が送信され、診断を行うことでバッテリーに問題があるかどうかを調べることができます。問題があればそのまま交換プログラムに進むことができます。

アプリで調べる場合

iPhoneが作られた日付(Manufacture date)、現在のフル充電した場合のバッテリー容量(Maximum charge)、新品時のバッテリー容量(Design capacity)とバッテリーのヘタリ具合、充放電回数(Lordcycles)などがわかります

iOS版は現在は利用できません。MacOS版のみになります。

下の緑のバーが劣化状態を表しています。こちらでは94.2%、概ね良好と言えます。

■実は、Lightningケーブルも無料で交換できる

結構モロい純正Lightningケーブル

保証期間内なら、壊れたLightningケーブルを新品と交換してもらえます。

交換方法は?

まず、保証期間を確認する

まず最初に、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」からシリアル番号を確認してコピーしておきます。

交換を申し込む

バッテリー交換の時と同じく「Appleサポートへのお問い合わせ」にアクセス。「サービスリクエストとトラブルシューティング」→「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」を選び、連絡先のメールアドレスを入力。

1 2





nogy46さん

映画、IT、時々乃木坂

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう