1. まとめトップ

『彼とは絶対に別れない』『最後は一緒になれる』

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫スキャンダルで
出演CMが放送されなくなるなどタレント生命の危機にあるベッキー(31)が、さらなる窮地に追い込まれた。
レギュラー番組「にじいろジーン」(フジテレビ系、土曜午前8時30分)を降板することが28日、
本紙の取材で判明。
30日の出演を取りやめた。
今後、他のレギュラー番組の降板も避けられないと判断した所属事務所は
休業させる苦渋の決断を下したといわれ、“事実上の引退”となりそうだ。
禁断の愛に突き進んだ代償は想像以上だった。

「何度も話し合いが持たれてきたんですが、結論は同じ。『彼とは絶対に別れない』。
親しいスタッフが『川谷が現在の奥さんと泥沼状態になっていて、誰もハッピーにならない』
とアドバイスしても、ベッキーは『最後は一緒になれる』と泣きだしてしまう。

畳みかけると『もう誰にも迷惑を掛けたくない。この仕事を辞めたい』と言いだす。
今のベッキーは完全に川谷のとりこですよ」(事情通)

「事務所としてはドル箱であるベッキーの引退だけはどうにか避けたい。だが、事務所やスタッフの意に反し、
川谷と別れようとしない。だったら自粛=休業という形で、何とかしてベッキーのタレント生命を守ろうと考えたようだ」(某キー局編成マン)

一連の報道から、ベッキーは「もはや不倫を認めたようなもの」とみている冒頭の広告代理店関係者は
「それでも“知らぬ存ぜぬ”を決め込み、テレビに出演し続けたけれど、スポンサーとしてはとても許せない。
テレビ局としても守り切れなくなったようだ」と続ける。

▼ベッキー休業へ

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)と不倫疑惑騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)が休業することが28日、分かった。
騒動が収まりをみせない中で、所属事務所がこのままでは仕事ができないと判断した。

所属事務所サンミュージックがこの日、テレビ各局に「しばらくお休みしたい」と申し入れた。
関係者によると、ベッキーは食事が喉を通らずに痩せる一方で、睡眠も十分に取れない日が続いている。
騒動後のテレビ番組では、いつものように明るく元気に振る舞っていたが、関係者は「心身ともに壊れる寸前。
とても仕事を続けられる状態ではない」といい、所属事務所が28日に判断した。

休業期間など詳細は29日に協議する予定。早ければ今週中に休業に入るとみられ、
30日に生出演するフジテレビ系「にじいろジーン」(土曜前8・30)が最後になる可能性もある。
関係者は「復帰までは1カ月以上かかるのではないか」と話している。

ベッキーは27日までにテレビやネットの全CMが差し替えられるか削除された。契約中の10本のCMは一部が打ち切られ、残りは契約が更新されない見通しだ。

一方テレビ各局はベッキーのレギュラー番組10本に関して現時点で、打ち切りや降板などの動きを見せていない。
テレビ関係者は「CM各社は優等生という商品イメージが崩れたことで一気に離れたが彼女のタレント性は番組には必要。スタッフの評判もいい」と話している。

文春はベッキー追撃の手緩めず合い言葉「レッツ・ポジティブ」暴露 瞬く間にYahoo!リアルタイム検索「話題なう」の1位に

1月7日発売の「週刊文春」報道により明るみになった、タレントのベッキー(31歳)とゲスの極み乙女。ヴォーカル・川谷絵音(27歳)の不倫問題。
同誌はその後、毎週記事を掲載し、特に21日発売号に掲載されたLINE画面のあまりにゲスい内容は大反響を呼んだ。
ベッキーは一連の報道により、騒動前に10本あったCMが全滅するという大打撃を受ける中、28日発売の「週刊文春」はさらなる記事を掲載。追撃の手を緩めない。

最新号に掲載されたのは「ゲス&ベッキー 本誌が掴んで書かなかった“禁断”情報」と題した記事。
それは「これまで紹介しなかったエピソードで振り返る総集編」で、2人がデートで利用していた店やホテルの情報、
ベッキーが川谷に会わせた仲良し芸能人の実名、出演番組への苦情状況などが紹介され、
さらに2人が「レッツ・ポジティブ」という合い言葉で励まし合っていたことなどが明かされた。

そして最新号の記事は、こう結ばれている。
「現在、『レッツ・ポジティブ』のコール&レスポンスが行われているかどうか、センテンススプリングには知る由もない」。……ノリノリだ。

◇追加されたLINEの会話内容

▼(会見前1月5日)

ベッキー「友達で押し通す予定!笑」

ゲス川谷「逆に堂々とできるきっかけになるかも」

ベッキー「私はそう思ってるよ」

ゲス川谷「よし!」

ベッキー「そうとしか思えない」

ゲス川谷「ありがとう文春!」

ベッキー「オフィシャルになるだけ!
    ありがとう文春!」

ゲス川谷「感謝しよう!」

ベッキー「うん!」
    「それに不倫じゃありません!」

ゲス川谷「うん!」

ベッキー「略奪でもありません!」

ゲス川谷「うん!」

ベッキー「センテンス スプリング!」

▼(会見後1月6日)

ベッキー「楽しい春と夏になるよ」

ゲス川谷「遠恋と思って過ごす」

ベッキー「えんれん」

ゲス川谷「長崎手繋ぎデート」

ベッキー「長崎不倫旅行」

ベッキー「天才だね!文春!」

◇「ありがとう文春!」ベッキーが会見前日に川谷と交わした噴飯モノの蜜月LINE

「週刊文春」1月7日発売号で、人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との禁断愛をスクープされたベッキー。

 発売前日には急遽、釈明会見を開いて“友人関係”を強調。「誤解を招くような大変軽率な行為だった」と謝罪。一部スポーツ紙の報道では、2人は「もう二度と会わない」と周囲に約束したとも報じられた。

「文春は翌週も川谷の妻の告白記事を掲載。川谷は釈明のFAXこそ流したものの一向に会見を開こうとせず、1月17日のフリーライブでも演奏直後に逃走する始末。世間の声は川谷批判に集中していました」(芸能ライター)

「文春にスクープ記事が掲載された後、ベッキーは川谷に離婚届の書き方を載せたサイトを紹介していたというのです。また、釈明会見の前日には

1 2 3 4 5







  • 話題の動画をまとめよう